Dave Winer、モバイルを考える

次の記事

Microsoft “AdSence”へ対抗し、パイロットテスト開始

Dave Winerはこのところモバイルのコンテンツを利用しやすくする方法に注意を向けている。もしウェブサイトに毎日モバイル機器からアクセスしていて、読み込みが遅い、フォーマットがめちゃくちゃといった問題に悩まされているなら、携帯のメモリに以下にあげるブックマークを登録してみるといい。Daveが作った新しい軽量版のフォーマットでNYTimesBBCTechCrunchが閲覧できる。私自身、TechCrunchを携帯から読むときには、2週間ほど前からこのフォーマットを利用している。画像の大部分と広告(エヘン…)の全部が取り除かれているので、ユーザーはいらいらして気が狂いそうにならずにすむ。

モバイル用にウェブサイトの内容をコンバートするこの種のサービスを始めたのはDaveが最初ではない。WinksiteSkweezerGoogleなどがそれぞれサービスを提供している。Skweezerはどんなサイトでもその場でコンバートしてくれる点で非常に優秀だ。ブログのコメントが表示される、広告がページの最下部に表示されるという点ではある意味Daveのサイトよりすぐれている。少なくともウェブサイトのオーナーは喜ぶし、著作権侵害の可能性がないところも安心だ。

しかし、毎日必ず読む2、3のサイトをちょっとブックマークしておくにはDaveのやり方の方が好ましいかもしれない。Om Malikもブログで彼の意見を述べている。.

明日(米国時間8/30)、DaveはYoMoBlogと いう新しいブログツールを発表する予定なので要注目(訳注:YoMoBlogは携帯電話から容易にブログ記事を投稿・編集できるサービス)。ユーザーはサイトに行って自分のブログの情報を入力すると、その場で記事の投稿ができる。全てのメジャーなブログのプラットフォームはユーザーごとに記事投稿用メールアドレスを割り当ててくれるが、そういう機能の提供がないマイナーなプラットフォーム を使っているユーザーには便利なサービスだろう。

Daveの場合いつものことだが、最初のバージョンのソフトウェアは彼のイマジネーションのほんの一部を反映したものにすぎない。彼はソフトを素早 く書き上げ、素早く発表し、それを繰り返す。これらのツールが次第に発展していくのを期待しよう。それから、著作権法ともんちゃくを起こさないことも。

[原文へ]