Google、200年分のニュースをアーカイブ

次の記事

EMIがSpiralFrogと提携、カタログにフリー楽曲(一部有料)を大量投入

Google Newsは現在の時間による制約をふりほどきつつある。検索結果はもはや1月前までのニュースというちっぽけな範囲に限られない。Googleは多数のパートナーと契約、ニュース検索を20世紀初頭にまで拡大したPaidContent によるNYT紙の記事の要約によれば、Googleと契約したソースはWall Street Journal、New York Times (1981年まで)、Washington Post、Time (1923年までの全アーカイブ)、Guardian Unlimited、Factiva、Lexis-Nexis、HighBeam Research、Thomson Galeが含まれる。検索結果の一部は元記事を表示するために購読料金が必要になる。この場合Googleの広告は検索結果ページにも表示されない。通常検索の他に時系列[訳注:年表のような形式]を表示するオプションも用意される。

今のところ検索可能な範囲は限られており、時系列性は乏しい。たとえばIran Contraについての検索では1987から1992までの結果しか得られない。1980年、カーターを大統領選挙で打ち負かす原因のひとつとなったとされるReaganとIranの間で交わされた武器供与の密約が検索されない。もっともこれは歴史的な興味に過ぎないので、別にここで政治を論じるつもりはない。いずれにせよ検索結果の元記事へのアクセスはほとんどの場合有料となる。Googleからの公式発表は水曜日になるもよう。この時点でニュースのアーカイブ検索はGoogleの他のページからもアクセスできるようになる。現在は直接次のアドレスnews.google.com/archivesearchを訪問する必要がある。

アーカイブニュースの検索についてはわれわれの最近のTopix.netについての記事も参照。こちらは歴史性では劣るがソースはより多く、時系列表示はより充実している。

[原文へ]