Live.comベータ終了でMSN searchを置換え

次の記事

ソーシャルネットワーキングサイトXuqa黒字へ

Microsoftは今日(米国時間9/11)のプレスリリースで Live SearchとLive.comのベータ版を終了し、正式サービスを世界の47市場で開始することを発表した。リリースではLive SearchがMSNの検索エンジンになることも発表された。今のところまだ変更は反映されていないようだが、すぐにでも始まるだろう。

LiveはこれからのMicrosoftのキーとなるサービスで、新しいリーダーRay OzzieはWebベースサービス全般の中でも特にLiveのスポークスマンとして活動している。Live.comが特に力を入れているのは、カスタマイ ズやRSS、プログ、ビデオその他の最新情報の分野だ。

Microsoftによると、MSNのユニークユーザー数は全世界で毎月4億6500万。MSNブランドがいずれ消えて、Live.comを Microsoftの巨大なユーザーベースのホームページと検索エンジンにする意向だろうということは、かなり前から言われてきた。Live.comはMSNよりもずっと現代的に感じられるけれども、別の見方をすればGoogleの希薄でシンプルなユーザーインターフェースを真似しそこなって、結果親しみにくくて使 いにくくなったとも言える。また、今日の発表では、MSNブランドの元でMicrosoftの新YouTube競合がリリースされるらしいというサプライズも強調されている。

[原文へ]