ニュース
Yahoo-email

Yahoo! Mailベータ版、今日から一般公開スタート

次の記事

Socializrもプライベートベータ開始。しかし…

パワフルな新Yahoo! Mailベータが一般向け利用に今日から公開。この先2週間をかけて18カ国でユーザーにお披露目される予定。Richard MacManusがすばらしい記事とポッドキャストインタビューを掲載している。 Yahoo! Mailにはクールな機能が豊富にあるものの、いくつかの重要な点においてはGMailが依然として際立っている。

RSSがメールクライアントに始めて導入された11月の時点で、Mike Arringtonはベータ版初期段階でのレビューを書いた。その中で、「とてもすばらしいサービス」と述べている。

メール受信箱にRSS購読機能が加わったことを、MacManusは「Yahoo! Mailが世界中でもっとも広く利用されるRSSリーダーになるだろう」と指摘。この他にも新機能で注目すべき点はまだまだたくさんある。

全体像として、Yahoo!のメールクライアントはajaxを利用することでデスクトップクライアントのように機能させることを目指している。メールメッセージはあるフォルダーから他のフォルダーへとドラッグ可能、複数のメールをYahoo! Mail中のタブで同時に開ける、カレンダーとYahoo! Mapsを組み合わせアプリのインテグレーションを可能にするなど。同社の広告が多数配信されるYahoo!ドメインのブログ投稿にIMの両方が、ウェブメール・クライアントを通じて利用できるようになる。これは、まったくパワフルな新機能といえよう。

こういったパワフルなYahoo!Mailを越えて、Gmailではどんな機能を提供できるというのか? 実のところたくさんある。Yahoo! Mailには、Gmailにあるようなタブ利用の会話機能はないし、メールのタグ付け機能もないよう。だからスパム防止対策、メール検索機能で(実際どの程度なのか)実力を証明する必要がある。Yahoo! MailがPDFやExcelファイルをHTMLフォーマットで表示させる機能があるかどうか知らないが、これらはGMailの機能としてとても優れている点。Yahoo!が無料アカウントのストレージ容量を1GBからGMailの2.5GB以上に増量するかどうか、添付データサイズ制限を10MB以上にするかなどは発表されていない。

言い換えれば、GMailを利用し続ける理由はまだ充分あると僕は思う。しかし、Yahoo! Mailと相性のいい人たちにとっては、満足していられるだろう。いくつかの新機能、例えばRSS、ドラッグ&ドロップでの整理、それにカレンダーとマップの組み合わせなどは、今後は他社のメールサービスでも標準機能となるかもしれない。何百、何百万という人たちのウェブメールとRSS体験を変えるいいサービスである。

[原文へ]