Zune、MySpace的なソーシャルなつながりを提供

次の記事

Yahoo! Mailベータ版、今日から一般公開スタート


Microsoftとの電話をちょうど終えたところ。話題は新Zuneとその魅力について。サイズ容量は30GB。ボディーカラーはブラック、ホワイト、ブラウンの3色。それにたいていの主要ファイルフォーマットなら再生可能。これらについてはCrunchGearで読めるので、もしスペックに興味のある人はそちらもチェックしてもらいたい。

しかし、TechCrunch読者が特に興味を持つのは、Zuneのソーシャル共有システムだろう。802.11ネットワーキング対応で、友だちに楽曲を送信可能。受信サイドでは楽曲を3回再生または3日間保存可能で、どちらかの制限が先に達するまでというわけ。ゴールは明らかに楽曲を売ること。だが、私たちが考えられる限り、これはMySpace的なユーザーネットワーク形成をめざしているよう。たとえば、ネットワーク内のユーザーは、電車内で自由奔放に気軽に楽曲のやり取りをしたり、電車内で自身の音楽センスを他の乗客に伝染させたりすることができるかもしれない (「新しいハードコアなラップのシングルをZuneに送ってあげるから、僕と話してくれないかな? おねがいだから」と書かれたサンドイッチボードを首からぶら下げているようなのりだろう)。(訳注:サンドイッチボードとは街頭でサンドイッチ店などの宣伝用に利用されるプラカード状の広告板。人が掲げる、または肩から広告を下げる) いったん帰宅したら、Zune Marketplaceにアクセス、そしておそらくアーティストについて詳細を調べたり楽曲を購入できるアーティストのホームページをチェックするという流れ。

[Picture courtesy of Engadget]

全てのデータが用意されているわけではないのは一目瞭然。だが、今回の動きは間違いなくMP3プレーヤーを“ポケットにしまっておくもの”から“ソーシャルネットワーキングの領域”へと押し出すことにだろう。これに対してAppleはどんな手を打つつもりなのか、そして当然の結果として、こう話している間にもAppleとCreativeがどの程度の低いシェアで売上をあげているかということが当然疑問となるところ。MSは“Zune Inside”ロゴを制作してあげてもいいのでは? それとも、「未接続の」MP3プレーヤーのために基金を半分出資してあげるというのもいいかもしれない。

[原文へ]