Google VideoがAppleのiTVに接近中

次の記事

無料のストレージ出血サービス:Streamload、ISP企業Embarqとパートナー

Appleが間もなく発売するセットトップボックス「Apple iTV」を使ってGoogle Videoの動画ファイルをテレビで視聴できるよう、GoogleがAppleと交渉中らしい(報道記事)。

iTVはAppleが先週のプレス発表“It’s Showtime” (日本語記事) で公開した新製品で、2007年第1四半期の発売開始を目指している。これがあると、iTunesとiPhotoのコンテンツをWindowsとMacの パソコンからwifi接続でTVに取り込むことができる。最終的な商品名は変わるかもしれないが、発売価格は$299となりそうだ。

複製DVDその他のファイルがiTV経由で視聴できるかどうかについてはまだ明らかにされていないが、GoogleとAppleの両社間の話し合いがタイアップ広告の契約に関するものではなく、システムでそれを可能に するかどうかの交渉であるとしたら、iTVは本来のかたちより可能性がかなり閉ざされ、活用範囲もかなり狭まってしまう気がする。iTunesに関しては DRMが主役で、顧客もそれをある程度受け入れている節がある(最近の調査ではiPod収録の楽曲にはiTunesで買った曲はほとんど含まれていないと いう結果が出ているが)が、iTVはiTVで全くこれとは別モノのDRM缶だという認識に立たなくてはダメだろう。

Google Videoはテレビ番組の放映録画の販売でAppleとは一部競合関係にある。AOL VideosもGoogleと提携して、Google Videoに広告を出している。どこにどう線引きして、iTVで何が視聴できるようになるのか? 現在までのところ市場デビューはまだ数ヶ月先の話だし、AppleとGoogleの話し合いも単なる話し合いの域を出ていない。iTV(別に呼び方は何で もいいけど)がやがて現実になれば、Appleも今以上に動画ファイルをTVで楽しめるよう、エキサイティングな提携をどんどん打ち出していけるだろう。
[原文へ]