Zillow, ユーザーによる物件情報追加機能をリリース

次の記事

Memocast、 外国映画マーケットに参入図る

シアトルに本拠を置くZillowは 米国内の6800万件の家屋についてユーザーに情報(推定価格、面積、寝室・浴室の数その他)を提供するサービスだ。水曜日の朝(米国時間)、Zillowは、全国 データベースに掲載された物件について、そのオーナー自身が詳しい情報をアップデートできる機能が追加されたことを発表した。

オーナーからの情報はZillow側で収集した情報と並んで情報ページに表示される。(下のスクリーンショット参照)。もし物件情報が間違っていた り古くなっていたりした場合、ユーザーは自分で訂正する機会が持てる。価格評価に関する追加情報も含めることが可能で、Zillowは追加された情報に基 づいて物件の価格推定を修正する。情報をアップロードするのに先立ってユーザーはその物件を所有していることを証明する手続きを踏まねばならない。

家を売りに出しているオーナーはZillowの情報を熱心にアップデートするだろうと思う。

Zillowは引き続き順調に革新を続けている。現在までベンチャーファンドから5700万ドルもの巨額の資金を調達し、Yahoo Real Estateとも深い提携関係を結んでいる。われわれのZillowに関する過去記事はここに (日本語記事)

[原文へ]