FacebookとYahoo、$1B(10億ドル)で買収交渉中?

次の記事

YouTubeのマジックナンバー、$1.5B (15億ドル)

本件をよく知るものによると、Facebookは昨年中Yahoo、MicrosoftそれにViacom各社と個別に買収の話し合いをしていると、The Wall Street Journal(有料購読セクション内で)は報じている。そして今回、Yahooと改めて$1bil(10億ドル)単位の買収について本格的に議論しているとのこと。

この件に関するFacebook関連の内容はすべて今年3月にまとめてある。WSJの記事内では、引用されている匿名の情報筋以外に、今回のYahooとの話し合いが真剣なものであるといった情報はあまりない。Yahoo corporate development(経営企画部)とFacebook PR(広報)にコメントを求めるメールを送った。(予想される対応としては)「買収検討しているとコメントしたことなど、全くない」というメールを受け取るか、無反応のどちらかだろう。

だが、この記事にはその他おもしろい情報がある。Mark Zuckerbergの点描画、それにその他きわめて貴重な引用だ。

Microsoftとの話し合いの中で、FacebookエグゼクティブはMicrosoftの連中に対し、朝8時のカンファレンスコールは出来ないと伝えたとされている。本件に詳しい者によると、Harvard中退、22才のファウンダー兼チーフ・エグゼクティブであるMark Zuckerbergが早朝に起きられないからだろうから、と伝えている。Microsoftエグゼクティブたちはあっけに取られたそうだ。

それに

Yahooとの交渉の中で、話し合いが長引き、週末へと持ちこされることになった。同じ情報筋によると、Zuckerberg氏は週末にはガールフレンドが(遠方から)訪ねてきているので、会議に参加できないと断ったと述べている。他の参加者たちは、10億ドル規模の契約をまとめようとしている点を指摘。それに対し、そんなことはどうでもいいとZuckerberg氏。本件をよく知るものに言わせると、Zuckerbergの携帯の電源はオフになっただろうという。

Facebook関連の過去記事はここRichard、この話を教えてくれてありがとう

更新情報: Facebookのマーケティング ディレクターから私のメールに対する返答がきた。「ノーコメント」ということらしい。 :-)

[原文へ]