Yahoo Hack Dayの詳細ご案内!

次の記事

Amazon Unbox、Tivoの箱に入るのか?

Yahooのランチミーティングから今帰ったところ。今度の金曜(米国時間9/29)に開かれる一般公開イベント「Hack Day」の話し合いだった。

要するにこう。Yahoo Hack Dayは金曜から約24時間ぶっ通しのイベントで、ディべロッパーと名のつく人なら誰でも自由に参加できる。と言っても会場は一部屋なので収容ハッカー最大500人、展示プロジェクトは全100点という制限はあるけどね。招待希望者はHack Day公式サイトでリクエストが出せる。参加者はYahoo敷地内で芝生の上にテント張って寝泊りするか、ビル屋内で仮眠がとれる楽しい企画だ(私は野外キャンプ組だ)。

コード作成は土曜午後2:30を目処に切り上げ、あとは各チームが制限時間数分で審査員たちを前に各自のプロジェクトをデモる。“優勝者”にはささやかな賞品を授与するが、イベント本来の目的はアイディアをシェアして一緒にコラボすることであって家に賞品を持ち帰ることではない。私もデモと各賞品はフォローしていく予定だ。

パーティーは2回。金曜夕とイベント終了後の土曜夕に開かれる。金曜夜の余興にはとにかくすごい大物がくるんだが守秘義務があるので誰かはお教えできない。まあ、イベント参加者は間違いなく全員が「ああ、金曜夜のパーティーに来て良かった」と幸せな気分が噛み締められるような人だ。

報道機関も当日は大勢来る。

詳しくはHack Dayのメインのサイトブログへ。拙ブログのオリジナルの告知はこちら。Yahooの開発者ネットワークを運営するChad Dickersonも何回か個人ブログでHack Dayのことは書いているし、Yahoo UIブログにも今日、日程などの最新情報が出ている。今日ランチタイム・ブリーフィングに来ていたRobert Scobleも書いていたようだね。

では、来週金曜!

[原文へ]