Yahoo!、Jumpcutを買収

次の記事

oDesk、$8M(800万ドル)をBenchmarkから資金調達

今日(米国時間9/27)、オンラインビデオ編集サービス企業Jumpcutの買収により、Yahoo!ファミリーがまた大きくなった。Jumpcutによる発表記事はここ、それにYahoo! Searchによる記事はここ。サンフランシスコに拠点を置く同サービスはわずか6ヶ月前にローンチ。すでにオンライン上にあるビデオをユーザーによりリミックス、あるいは同サービスのインターフェース上でユーザー自身のビデオを編集可能にするサービスを提供。ローンチにあたり、Mike Arringtonは「Motionboxよりも、優れている」と好意的なレビューを書いた。Motionboxというのは、彼が、Jumpcutローンチのほんの数日前に、「オンラインビデオ共有サービスとして今までのサービス中でベスト」と述べたサービスだ。

Yahoo! Video
はすでに、オンライン上最大のビデオ検索インデックスの一つ。オンライン上にすでに投稿されているコンテンツをリミックスする、オリジナルビデオをオンライン編集するという今回の機能追加により、更にいっそう魅力的なものになるだろう。

契約合意内容は明かにされていないが、僕たちの推測では、Yahooが今回の買収に支払った金額は、SonyがGrouper買収に最近現金で支払った価格$65M(6500万ドル)には、程遠いものだろうと思う。GrouperはP2Pに注目したビデオ共有サイト。Jumpcut買収は規模の大小に関係なくとてもクール。リミックス・カルチャーとオンラインビデオの重要性の高まりを示すさらなる一例だ。

[原文へ]