Facebookがニュースフィードにバイラル広告?

次の記事

アグリゲートレビュー・サービスのアグリゲートレビュー

更新情報: Facebookのマーケティング・ディレクターMelanie Deitchからわれわれ宛のメールで、ここからリンクしたMediaWeekの記事には誤りがあり、実際には承認なしに通知を送ることはない、ということだそうだ。自分の意志でスポンサー付クループに参加したユーザーに限り、同じグループにいる友人がそのグループの広告をクリックした時に通知を受ける。これならいいね。

更新情報X2: Deitchからの追加の確認情報。ユーザーが広告をクリックしたことは、誰にも通知されることはない。広告にはスポンサー付グループのものも、直接広告主のページにリンクするものもある、とのこと。どうやら MediaWeekの あの記事はほとんど全部が間違っていたようだ。

MediaWeekによるとFacebookは近々ユーザーのトップページのニュースフィードに「スポンサー付記事」、あるいはバナー広告を載せる予定。 そもそもこのニュースフィード自体がプライバシー問題で大きな混乱を呼んでいたもの。単に広告を載せるくらいは大したことないと僕は思っている。というのも、お金のためにやっていることくらい誰にでもわかるから。が、伝えられている機能のひとつについては、やり方に気を付けないとまたまた怒りの嵐を呼ぶことになるかもしれない。

ユーザーがニュースフィードの中の広告をクリックすると、そのユーザーの友人全員は、その広告がクリックされたことを知らされて、そのスポンサーが率いるグループに参加する機会を与えられる、ということらしい。FacebookのCRO(最高収益責任者)Mike MurphyはMediaWeekに次のように話した。「これまでのソーシャルネットワークサイトの広告のほとんどはソーシャルネットワーキングの行動様式を活用していない。この仕組みは秩序を乱すことのないスポンサーにとって、ユニークなバイラル広告の機会を提供するものだ」

記事によると、「新設のスポンサー記事広告はユーザのニュースフィードの3番目の位置に、プレースメント広告のような小型バナーか、ビデオクリップの形で置かれる」、これがMicrosoftとFacebookの広告提携の実現形だとすれば、どちらにとっても大きな賭けになりそうだ。

ベストケースシナリオ: 元からあった広告スペースに「お友だちは〈この〉広告をクリックしました。あなたもいかがですか? (your friend clicked on THIS ad, would you like to as well?)」というメモが追加されるようになるというだけのこと。それ以上、友だち誰かがクリックするたびに通知されたらたまらないかもしれない。友だちが広告をクリックしたことは、他のいろいろなことで通知される「イベント」と同じようなものだと考えがちだが、そうとは限らない。これをうまくやればFacebookの大きな進展になるかもしれない。ただ、しり込みすることなく、ひとつの宣告に「バイラル」と「広告」が一緒に機能しているというのは考えにくい。無条件反射のようなものだったから。でも、これは本当に起きていることだ。

われわれはニュースフィード開始時、今後役立つ機能の追加だというのに下手なコミュニケーションが主な原因で生じた問題と報じた。フィードに広告を入れることは理にかなっているし、フェアなやり方だけれど、広告のひとつひとつがスパムまがいのソーシャル・クラスター爆弾になってしまうようだとしっぺ返しはまぬがれない。

LinkedInが僕に教えてくれたところによると、彼らはソーシャルネットワークの広告をもうちょっと上品にやるつもりだそうだ。友人のお勧めや、コンテキストにフォーカスして、広告を受取るかどうかはすべてオプションに。ソーシャルネットワークでの行動を収益化するには、よい方法は必ずあるはずだけれども、悪いやり方もまたたくさんある。

[原文へ]