Google/YouTubeの根も葉もない噂

次の記事

CAPS、「少数者の英知」を借りて株価を予想

更新情報ウォールストリートジャーナル(WSJ)もこの件に関し今報じている。「本件に詳しい者によると、Google Inc.は現在有名動画共有サイトのYouTube Inc.と約$1.6B(16億ドル)で買収の交渉中だという。交渉はまだ予測がつかない微妙な段階だが、破談になる可能性もあるという」 詳しくはこちらの[Marshallの記事で]。


今夜(米国時間10/6)、私はGoogleのYouTube買収交渉が締結寸前まで来ているらしいというメールを受け取った。噂される買収価格は$1.6B(16億ドル)。あるベンチャーキャピタリストに電話してみるとやはりその噂(価格も同じだった)を聞いているとのことだったが、もちろんこれだけでは事実の確認には遠い。さらに調査中だが、ニュースソースはきわめて信頼できる筋だった。YouTube が非公式にいくつかの相手に買収の打診をしてきたのは事実で、買収価格帯は$1.5 – $2B (15-20億ドル)といわれている。私の勘では、Google なら[YouTubeに投稿されるビデオが]著作権侵害だと文句をつける連中を大量に抱え込むことになってもひるまないだろうと思う。過去の経験からすると、この種の噂は、少なくとも40%くらいは部分的にせよ真実だ。

[原文へ]