Googleのブログにあやしい投稿

次の記事

AllofMP3、アメリカ政府にプロモーションをアウトソーシング中

今夜(米国時間10/7)、たくさんの人々がたいへん奇妙な記事がGoogleのblogに投稿されたのを目撃している。 click-to-callサービスをキャンセルするというものだ。 (John Resig提供のスクリーンキャプチャー参照)。ちょうど一月前、 Google はclick-to-call サービスを英国に拡大したばかりだった。

この投稿のアドレスは、googleblog.blogspot.com/2006/10/google-click-to-call-project-cancelled.html だったが、現在はすでに削除されている。すぐに消されたが、それでもたくさんの人々がブログのページそのもの、あるいはRSSリーダー上でこの記事を見ている。メッセージの内容にもおかしいところが多々ある。スペルミスと文法的な誤りが無数にある上に、記事の最後に「このメッセージはGoogleのlanguage toolを利用して翻訳された」というナゾめいた文があった。

そういうわけで、Google のブログはハックされたというのが本当のところだろう。いささか外聞の悪い話だが、今年の3月にGoogleがブログをうっかり削除してしまった事件に比べればたいしたことではない。

【日本語版コメント】
Google Blogによると、本件は「Bloggerのバグ」が原因で権限のないユーザーに投稿を許可し発生してしまった問題。バグは即座に修正され、click-to-callのテストも予定通り進行という。

[原文へ]