Performancing

Performancing、ブロガーのための広告ネットワークをローンチ

次の記事

TechCrunch日本語版 読者アンケート実施中

Performancingは 「ブロガーのための求職」掲示板の拠点で、Firefoxで人気を集める「ブログ用プラグイン」。このたびサービスの一環として広告ネットワークが加わった。ブロガーは自分のサイトにJavascriptを埋め込んで、値段は自分で決めるかトラフィックや市場分野を考慮したアルゴリズムで決まる。広告主はその 125X125の画像広告スペース30日間分を買う。ブロガーは広告収入の70%の他に、紹介したブロガーの売上げ(即ち広告主の費用)の5%を報奨として受け取る。この費用は紹介者がプログラムに参加している限り続くもの。トラフィックの統計システムと、つまりは料金の自動設定も、スタート時点ではまともに動いていなかったが、いずれ解決されるだろう。

Performancingが中小のブロガーと広告主たちにとって良いマーケットプレースだということは、いずれわかるだろう。サイトに集まるブロガーたちによる大きなコミュニティーはすでにできている。広告主は広告スペースを買う前に個々のサイトを見にいくように薦められているし、料金は月極めなので、不正クリックはあまり問題にならないだろう。トレードオフはやはり規模の問題。Performancingは中小サイト向けのブティックのような存在のサービス。これまでに200以上のブログが参加しているが、恐らくそのほとんどがほんのわずかなトラフィックしかないものだろう。一番安い広告スペースが月額$1。トラフィック がほとんどないブログのPerformancingの広告スペースをまとめ買いする広告主が果しているのだろうか。こういうトラフィックの少ないスペースを大量に買うところがあるとすれば – それは孤独なブロガーの危険な誘惑 PayPerPostしか僕には思いつかない。少数の“ブログ読者”をターゲットにした広告ではなく、「記事を書く度にもっと稼げるんだ」 と毎日、1か月言い続ける“ブロガー”への呪文が目的となると、気分が悪い。

ブロガーの中でも自身のサイト内広告に編集権を持ちたい人、それにAdWordsとは違うやり方を試したい人たちには、Performancingは間違いなく魅力的であろう。収益配分は気前がいいし、Performancingファミリー(グループ)のサービスはしっかりしている。この会社が広告ネットワークの後方支援をうまくやれるようなら、この取り組みは十分成功するだろうと思っている。

[原文へ]