MyBlogLog

MyBlogLog: お気に入りのブログ読者のネットワーク

次の記事

Google、勢いを数字で示す

MyBlogLogは ブログ読者のためのソーシャルネットワークのシステムで、好きなブログについて情報交換をするところだ。そしてブログ作者は読者のことをもっとよく知るこ とができる。2005年3月に設立されたこのサイトは、今朝(米国時間10/19)ソーシャルネットワーク機能をベータ版から正式版へと引き上げた。同社 によると現在ブログベースコミュニティは、活動しているもので4000はあるという。

MyBlogLogは、Foxに買収されたIGNのファウンダーEric MarcoullierとTodd Sampsonが創立した。現在のCEO Scott RaferはFeedsterの前CEOで、現在WINKsiteの会長でもある。

このサービスでユーザーは、お気に入りのブログを登録、自分のプロフィールページを作って、他のメンバーとメッセージをやりとりする。ブログ作者は、自分 のサイトに最近来てくれたMyBlogLogメンバーの写真付きのバッジを貼ることができ、ブログコミュニティページには、自分のブログから飛んだ外部の リンクの人気ベスト5も表示できる。

MyBlogLogによると、これは「みんながブログ作者を知っているのに、読者同志は誰も知らない」という図式を打破しようとするものだという。CrunchNetworksのコミュニティもある。

現在、MyBlogLogサイトに広告はないが、クリック分析の購読を月額$3、年間$25で販売している。ユーザーの人口統計データを活用した分析も、 次の段階として考えられると話してくれた。大規模のソーシャルネットワークではすでに使えるものだから、ブロガーも使いたいのは当然だろう。CEO Scott Raferによると、現在約1000ユーザーが同社のプレミア分析サービスを購読しているそうだ。

MyBlogLogを利用しているサイトのリストを見るとなかなか面白い。USA Today、Gawker、Rosie.comのブログもみんな入っている。これまでに1億近いプロフィールcookieを発行していて、はじめの1年で 1万4000のブログが登録、MyBlogLogのウィジェットはブログ1000カ所に表示されている。Raferに質問したところによると、きるだけ早 くAttention Trustに対応しようとしているそうで、これはこういうサイトにとって重要なことだ。使いやすくて楽しいサービスなので、ユーザー数は大きく伸びるかもしれない。

僕はMyBlogLogのルック&フィールが好きだ。ある意味でStumbleUpon (われわれの記事はこちら)を思い起こさせるし、先月取り上げたBordeeというサイト連動型掲示板ツールにも似たこともできる。

MyBlogLogの経営陣は強力で、ユーザーを引きつける魅力もあるし、ビジネスモデルもよく考えられている。好きにならずにはいられないサービスだと思う。

[原文へ]