JibJab

JibJab、「大お笑いスケッチ実験」開始

次の記事

Technorati、Open IDのサポートを発表

JibJab のことを聞いたことがない場合は、まずコンピュータのボリュームを上げて2004年の[ブッシュ対ケリーの]大統領選をパロディにしたオリジナルのアニメThis Landを見てみるとよい。このビデオは8千万回もダウンロードされている。その他のオリジナルのアニメはここに

JibJab は今やサービスをユーザー制作のいくつかのパロディービデオから拡大中だ。2006年4月にはJokeBoxと いう新しいコーナーを設けた。ここではユーザーはビデオ、写真、音声、文字によるジョークを投稿することができる。15000 以上のジョークがアップロードされ、ポピュラーなものからマニアックなものまで細かいカテゴリーで分類されている。インターネットのジョーク集としてはベ ストのひとつだ。ちなみに、JibJab はいちばん人気のあるジョークを RSS フィードで配信したらよいのではないか。ユーザーが配信の際の内容のフォーマット (iPodなど)が選べるとさらによい。新しいiTunes の購読機能を利用すればユーザーはいつも最新のジョークをいくつかiPodで楽しむことができる。

今朝(米国時間10/19)、JibJab はThe Great Sketch Experimentという新しい企画をスタートさせた。アニマルハウス、ブルースブラザース、サボテンブラザースなどの監督で有名なJohn Landis に[審査を]依頼して[50篇の応募シナリオから]選ばれた6編が制作された。ユーザーはいちばん面白いと思う作品に投票し、勝者[となった制作チーム]はJibJabから1万ドル相当の奨励契約が得られる。

このビデオを参照―私のお気に入りは Tom and Tina だ。

この会社はGregg と Evan のSpiridellis 兄弟によって創立された。現在カリフォルニア州 Santa Monica に本拠を置いている。JibJab は、この6月にシリーズAのベンチャー投資をPolaris Ventures のJon Flintから受けている。

このサイトに優れたコンテンツがあるのはもちろんだが、それに加えてベンチャーキャピタリストがオリジナルコンテントを扱うサイトを真剣に投資対象と考え始めた証拠かもしれない。Polaris は 18-34歳の男性を対象にしたコンテンツのサイトHeavyにも投資している。ブログネットワークに対するこういう最近の投資 はこのトレンドのもうひとつの例だろう。

[原文へ]