MySpace
Fox
FIM

FoxがMySpaceでテレビ番組を公開

次の記事

Idio、デザインと音楽に特化したFlash使用のパーソナライズド・マガジン

Fox Interactiveが今朝(米国時間10/24)、ワーナーブラザーズTVの「THE O.C.」から今シーズンの第1回、2回放映分をMySpaceに公開することを明らかにした。TV放映の1週間も前からFox傘下のウェブサイトで公開し、放映後1週間で削除する。Foxといえば今月はじめMySpaceに番組をドッと放出すると言ったばかりだが、それと同じで動画ファイルの再生にはプ レイヤーのダウンロードが必要。ユーザーはCMをスキップできない。

MySpaceで今回公開になるテレビ番組は“Bones”、“Prison Break”、“Standoff”など。当ブログ読者の間からは番組の品揃えはかなり不評だったが、今日の発表も似たり寄ったりで、O.C.が人気ガタ落ちなことはもうみんな知っての通りだ。TV Squadが6月に伝えたところによるとFoxは番組のフルシーズン購入を拒否し、購入したエピソードだけでCSI やGrey’s Anatomyなどの人気番組に対抗するつもりらしい。

放映前にオンラインで番組を先取り公開することそのものはネットに視聴者ベースを獲得する上でも大変効果のある戦略だが、Foxはまだその辺のところが理 解できていないのか、まったく真剣に取り組むつもりがないのか、おそらくMySpaceが消費者全体の最低分母という皆の意見を鵜呑みにしているんだろうけど、メディアの実験材料に弱い番組を持ってくる理由は何なのだろう? 失敗する運命にある実験、ということだろうか? 番組放映から1週間でオフラインにする理由は? ロングテールの広告収入を当てにしてる、ということだろうか。それなら分かる。番組をオフラインにキープすることで他のテレビ局に後でまたシンジケートしたり、TVで再放送したりできれば広告価格も高く保つことができるだろう。しかし、それだけなら足のつま先だけ水に入れて、TV戦略は今までと何にも変わらないような印象だ。ウェブのことをプラットフォームと して真剣に考えているかどうかが分かるのは、彼らが人気番組をオンラインに持ってきて、ずっとネットで視聴できるようになってからだろう。

[原文へ]

** TC日本語版アンケート実施中(本日25日まで):
50名様にオリジナルステッカープレゼント。ご協力よろしくお願いします。***