Netscape、テクノロジーと政治以外にも話題を求める

次の記事

Diggのトップユーザー、冷遇されたと不満に

NetscapeDigg クローンの実験を始めて5ヶ月になる。今まで全然といっていいほど使われていなかったトピック別のカテゴリー機能を生かすため、新しいページデザインのテストが開始された。

私は今夜(米国時間11/4)早く、Netscape部門の責任者 Jason Calacanisにこのテストについて話を聞いた。彼の話だと、 Netscape に載る話題は圧倒的にテクノロジーと政治関連が多く、「本」から「女性」まで他の31のチャンネルは記事投稿やコメントなどのユーザー参加が低調なのだと いう。トップページには[Diggなどと同じく]その時点で全てのカテゴリーを通してもっとも人気のある記事が掲載されるシステムを取っているから、現在 Netscapeはテクノロジーと政治に大きく傾いている。そのため、これらの分野の記事がばかりがユーザーの目に触れ、ますますそれらの分野の記事が投 稿されるという循環に陥っている。

新しいレイアウトは Netscape の公式ブログの記事で解説されているが、個別チャンネルのトップ記事を集めて全体のトップページを作る。多様なチャンネルからの記事をNetscapeのトップページに掲載することによって、それらのチャンネルを活性化させるのが狙いである。

ただし、この改革で一番興味がある点は、上のリンクのブログ記事に残されたユーザーコメントである。記事の最後に「これについてどう思う?」と書い てあるのだが、ユーザーはこれをNetscape全般へ意見を述べるきっかけにしたようだ。コメントを眺めると、ユーザーの間にはかなりの不満が鬱積して いたことが見てとれる。もう Netscapeのアカウントなんかすっかり止めてしまおうかと思っている。新しいNetscapeは大嫌いだ。 とか、新しいNetscape にはまるで失望した 。とか、この原稿を書いている時点で 15のコメントがアップされていたが、そのうち記事の内容に反応しているコメントはわずか4つだけ、新しいNetscapeを強く支持するコメントはゼロ、以前のNetscapeのポータルのデザインに戻せという意見が9あった。

Netscapeユーザー諸君、コンシューマ発信型メディアの世界へようこそ。

[原文へ]