Microsoft、Aggreg8をローンチ。まずい出来映え

次の記事

TechCrunch New Yorkまで、あと4日

「奇妙なできごと(strange)」カテゴリーにファイルしてもらえばいいかもしれない。MicrosoftがAggreg8というITプロフェッショナル向けのソーシャルネットワークをスタートしたことをあるメールで知った。aggreg8.comそれにaggreg8.netというドメイン名は前オーナーからほんの数ヶ月前に5000ドルで売却されたばかり。そして、既存のRSSフィードはaggreg8.co.ukへと移された。

新サービスははっきりとMicrosoftプロダクトであることを明記しているし、ITコミュニティに重点を置く非営利団体でパートナーのCulminisと共同でローンチしたとFAQに書かれている。プロダクトについてのより詳細なレビューはPulse 2.0をチェックしてほしい。

Microsoft PRはほとんどいつも、新ローンチ発表の際には報道機関に接触を図るが、今回のケースにおいては沈黙を守っている。このことから、一般対象利用のつもりではまだないのだろうと思う。

同サービスはまだ必要最低限の機能のみが備わり、ほんの少しのコンテンツとごく少数のメンバーがいるだけだ。サイトの一部、例えばFAQなどのフォーマッ トは統一されていないし、画像がうまく表示されなかったりする。全体的に、よく言っても制作中のサイトに見える。それに、CNETに最近加わったソーシャルネットワーキング機能「TechRepublic」にくらべてとてもみすぼらしい。

Microsoftがディベロッパー対象に2005年にローンチした過去のソーシャルサイトThe Hiveを思い出させる。

[原文へ]