AdaptiveBlue

BlueOrganizer 3.0: その場ですぐにバーティカル検索&タギング

次の記事

Webshots、動画を追加

logo競争が激しいソーシャルブックマーキングのスペースの中でも、Adaptive Blueの「BlueOrganizer」は 特に革新的なサービスのひとつだ。今日(米国時間11/20)発表したバージョン3.0でも、革新は続いている。BlueOrganizerはソーシャル ブックマークやタギングのためのFirefoxのプラグインで、特徴は、ウェブページのカテゴリー分けにユーザーが思いついた項目を使うのではなく、自動的に決められて標準化されたカテゴリーを使うことを推奨していることだ。意味論解析(セマンティック分析)をベースにした高機能のツールでDel.icio.usとも連繋している。コンテキストを利用した検索は見事なもので、すでに収益を上げている。最新版で登場したBlue Menuは、右クリックで表示される検索とタグ付けのためのコンテキストメニューで、今見ているページの内容をその場で意味解析して表示される。

つまり、映画のページにいる時に右クリックすると、その映画のタイトルや、俳優、監督、さらには同じジャンルの映画などで映画関連のデータベースを検索できる。ショッピングサーチエンジンで料金を比較したり、映画をNetflix(オンラインレンタルDVD) のキューに入れることもできる。

ワインのページで右クリックすれば、ワイナリー、ワインの種類、地域、成分などで他のワインのサイトを検索できる。Pandora(音楽専用のインターネットラジオ) にいる時ならば音楽に関する項目を検索できる。

Blue Organizerが認識する分野には、他に旅行、おもちゃ、アニメ、ソフトウェア、ハードウェア、レストラン、音楽、画像&ビデオなどがある。 このツールはすごい。分野毎にデフォルトの検索オプションが用意されている他、別のデータベースを検索するように設定することもできる。将来はユーザーが簡単にオプションを追加できるウィザードも入る予定。

Adaptive Blueには、各分野用にすでに数百種類の人気サイトが組み込まれているが、新しいサイトのコンテキストもうまく見つけだしてくれる。たとえば、ニュース記事に出てくる映画のタイトルをハイライトすると、かなりの正確さでBlue Menuが映画と認識する。さらに同じ監督の映画や、出演したスターの他の映画は、記事に名前が出てきていなくても検索できる。 うまくいった時はかなり嬉しいし、実際、結構うまくいく(上の画面イメージはその一例)。

検索機能もすばらしいが、さらにブックマークもできる。テキストを意味解析したうえで標準タグがおすすめとして出てくるが、最終的にはタグを決めるのは自分だ。3回見に行ったページは自動的にブックマークされる。この回数は変更できるし、設定を無効にすることもできる。将来のバージョンでは同じような意味解析をベースにしたトピックの購読も提供される予定だ。このサービスには他にもたくさんの機能があるがコンテキスト検索メニューが新機能の中で最も重要だ。

今日は新サービスが初めて世に出た日なので、改善すべき点はいろいろある。けれども、Adaptive Blueには出だしから勢いがある。Firefox 2.0がリリースされた時に発表された「おすすめアドオン」に名を連らねて、ダウンロード数は13万回を越えている。 他のソーシャルブックマーキングのサービスと違うのは、Blue Organizerのコンテキスト検索などのデフォルトのオプションに入っている会社からすでに収益を上げているところだ。Blue Organizer経由でブックマークしたものを買えば、アフィリエートのリンクも経由する。

この新バージョンのBlue Organizerの便利なところや可能性を見るためにはもっと使ってみないといけないだろうが、多くの人にとってかなり便利だと思う。Blue OrganizerのブックマークをDel.icio.usとFlickrの自分のアカウントと同期させる機能があるので、しばらく使ってみてやっぱりDel.icio.usに戻ろう、という時にも作ったブックマークは無駄にならない。

このツールがいいのは、こんなにいろいろなことができるのに、使い方が驚くほど簡単なこと。かなりカスタマイズできて、凝った使い方もできるけれども、あまり考えずに使っても十分な恩恵を受けられる。新しい物好きにも、正統派ユーザーにとっても楽しめる。これは、良い製品にとって重要なポイントのひとつだ。

[原文へ]