JS-Kit

どんなサイトにもエンベッドで簡単にコメント欄を作成できるコード

次の記事

Yahoo!がグループ用テキストメッセージのサイト開設

これはベンチャーファンドが何千万ドルもの資金をつぎ込んだスタートアップではないが、Lev Walkinがソーシャルウェブで共通に必要とされるコメント機能に関して、エレガントな解決法を提供している。「JS-Kit」は完全に無料で、エンベッドして使用する小さいjavascriptコード。どんなウェブページにでも下記の1行をコピー&ペーストするだけでスレッドタイプのコメント欄を追加できる。

"<script src="http://js-kit.com/comments.js"></script>"

このJS-Kitは、Levのjavascriptコードで作動する。これはユーザーのウェブサイトのリファラに基づいて、Levのサーバからコメントデータを取ってきて 表示する。コメントの見栄えはCSSを利用してフルにカスタマイズ可能。コメントのパス属性の値を変更することで複数のコメントを単一のURLリファラに 対して表示させることもできる。 たとえば写真アルバムを表示しているページ内で、それぞれの写真ごとにコメントのスレッドを付加できる。もっとも、JS-Kitではいろいろなカスタム化が可能だとはいっても、Techcrunchが使っているWordPressのようなブログソフトがサポートしている完全なコメント欄の管理機能はない。

Lev WalkinはSanta Claraに住むCisco社のセキュリティー技術者。JS-Kitはウェブデザイナーである彼の奥さんが自分のサイトにコメント欄を簡単に追加できるよう手助けをしようとして生まれたアイディアという。

この続きにJS-Kitスクリプトでコメント欄を作ってみたのでお試しを。

注: JS-Kit はユーザーがメールアドレスを登録した場合、そのアドレスへコメント内容をメールしてくれる。

【日本語版コメント】 このスクリプトはIEとFirefoxでは正常に表示されるが、Opera(9.02)では表示されないようだ。

[原文へ]