ニュース
Spokeo

Spokeo、ソーシャルネットワークとブログのアグリゲーター

次の記事

どんなサイトにもエンベッドで簡単にコメント欄を作成できるコード

spokeologo.jpgSpokeo はあなたのトップページを作りを手伝う。このサイトはユーザーのお気に入りのブログのフィード、MySpaceの更新、YouTubeの新しいビデオクリップ、友達のフォトアルバムなんどをぱっと一目で分かるようにまとめてくれる。

Spokeoはマルチメディア対応のフィードリーダーを利用して、人気トップ20のソーシャルネットワークサービスからのどんなRSSフィードでも 一目でわかるように1ページに読み込んでくれる。ただし、要約を見ることができるだけで、自由にサイト間をサーフィンすることはできない。Web 2.0 サイト用のMy Yahoo! といったところ。

水曜日の電話取材で 「My Yahoo! のようなスタートページの欠点は個人別のカスタム化が十分にできないことにある」とファウンダーのHarrison Tangは語った。「普通のユーザーはどうやってコンテンツを追加していいか分からない。手順が10段階もあって、たいていのユーザーはわけがわからなくなってしまう。だから多くのユーザーは[ソーシャルネットワークに登録した]友達がオンラインでどんな発言をしているか、どんな写真を撮ったか、 Techcrunchのようなお気に入りのブログの最新記事にどんなことが書いてあるか、などの情報を同じページで読めたらいいと考えているんじゃないかと思った。」(HarrisonはホントにTechCrunchと言ってくれた!)

これは素晴らしいアイディアだが、現実にはまだ改良の余地があるかもしれない。まず第1に、(これは私が女だから余計そう感じるのかも)、デザインがあまり美しくない。それからもう少しMy Yahoo! を研究して、たとえば、最低限、ローカルの天気予報は載せて欲しい。それとこのページに情報をインポートするのが簡単ではない。私はMySpaceの情報 をこのサービスにフィードしようとしてあれこれやっているうちに自分のアカウントでなく、GnatalieとかいうユーザーのMySpaceの友達リスト と情報をフィードする破目になってしまった。これってパスワードとかなくてはいけないんじゃないの? 結局最後にはこのGnatalieを追い出して私自身のページをフィードすることに成功したけれど、それまでにたいへんな苦労をさせられてしまった。

ユーザーのSpokeoによるトップページのサイドバーは3つの部分に分かれている。自分[Me]、友達[My Friends]、登録ユーザー[Featured Users]だ。ユーザーは友達なり人気のあるSpokeoの登録ユーザーなりのページをタグや活動に基づいて訪問することができる。

Spokeoは、MySpaceとFlickrと、そしてTechCrunchが大好きなので、それをなんとか1ページにまとめて読みたいと思ったStanford大学の仲間4人によって創立された。現在、このサイトの資金はエンゼル投資家に よって提供されている―つまり彼らのご両親たちということ。

spokeoscreen.jpg

[原文へ]