VideoEgg
Piczo
PhotoBucket

Piczo、提携を発表、成長は依然順調

次の記事

Yahoo、大規模な組識変更、COO Rosensweig退任へ

サンフランシスコに本拠を置くティーンエージャー向けソーシャルネットワークサービスの「Piczo」は引き続き毎日3万5000の新しいユーザー登録を得ており、月間ページビューは20億に上るとしている。われわれは同社を、最初、9月に他の大手SNSとの比較の中で紹介した。

英国が依然Piczoの最大のマーケットで、40%のユーザーと50%のページビューはここから来ている(TechCrunch UK の現地での活動の紹介記事参照)。

今日(米国時間12/6太平洋時間)午前5時に、同社はYouTube、Flock、Photobucket、VideoEggなど大手インターネットサービスと配信その他で提携したことを発表する。

この中でもっとも興味ある提携は、Flockとのものだ。PiczoはPiczoブランドのFlockブラウザ(Flockは同様の提携を7月にPhotoBucketと結んでいる)を提供し、FlockとPiczoはブラウザから生じる検索関連の収入を折半する。ユーザーはカスタマイズされたこのブラウザを利用してPiczoのコンテンツの利用がより容易になる。以下はプレスリリースから。

ユーザーがPiczo EditionのFlockブラウザをダウンロードすると、友達がサイトをアップデートしたときに通知を受けることができる。またPiczoの友達相手に IMが利用できる。またユーザーはドラグ&ドロップ操作で簡単に写真やビデオなどのコンテンツをPiczoの自分のページにアップロードできる。 Flock Piczo Editionブラウザのその他の機能には、一括アップロードツールの利用、容易なログイン、ウェブ検索機能などがある。

この提携はFlockにとっても良いニュースだ。FlockはこれでPiczoの月間1050万人に上るユニーク訪問者へのアクセスを手に入れたことになる。

[原文へ]