Wikiaにアマゾンが出資、調達額は非公開

次の記事

Paltalk 9.0、Amanda Congdonを見て、聞いて、チャットする

WikiaはWikipediaの営利版とも言うべき姉妹サイト。今日(米国時間12/6)第2ラウンドの調達を完了したようだ。全額出資したのはAmazon日本語版記事)だが、具体的な額はまだ口外されていない。Wikiaと言えばオンラインのスポーツ専門コミュニティArmchairGMを200万(2M)ドルで買収したと今週発表したばかりの会社だ。

今年3月にBessemer Venture PartnersとOmidyar Networkから計400万(4M)ドル調達したと報じた際には、Dan GillmorとReid Hoffman、Joichi Ito、Mitch Kaporらエンジェル投資家が出資に参画していた。

GigaOmからの取材に対し、 WikiaのGil Penchinaは資金調達と買収は「ただ単に別々の出来事が偶然重なって起きただけだ」と語っているが、アマゾンから出資のアテが無かったら成立が難しい買収であったこともまた事実である。

原文へ]