ニュース

Yahoo、U.S.国内で「Panama」をスタート

次の記事

Skype 3.0発表

yahoosearchmarketing_logo.jpg待望のYahooのサーチ・マーケティング・プログラム「Panama」がアメリカ国内のビジネス全般に今、オープンした。これまでは、新プラットフォームへのアップグレートを希望するYahooの検索マーケティングの既存カスタマーのみを対象にしてきた。

Yahooは、 Panamaの導入により必要なアップグレードが入り、Googleのコンテキスト広告プラットフォームとより効果的に競争できるだろう。Panamaは、最高値(入札額)の広告をトップに表示するのではなく、クリックスルー率など多様な要因を基に広告を配信、ランク付けされる。結果として、Yahooとパートナーにとって大幅に高い利益をもたらすはずだ。

YahooはPanamaについてのプレスリリースを発表し、簡単な5ステップでのサインアッププロセスについて説明している。それによると、「広告主は スピーディにキャンペーンを制作、希望のポジションを決定、クリックの見込みシェアについて理解し、予算の設定をした後、数分以内に広告をオンライン表示 できる。加えて、Yahooの新しい広告テストと最適化機能により、広告主にとって簡単にクリエーティブ・オプションを試し、(広告費用)投資の見返 りとしてのキャンペーンのゴール管理を行うことが可能になる」。

Yahooは、既存のカスタマーをPanamaへマーケットごとに移行する見込み。アメリカ国内での移行が完了次第、国際市場への展開プランを発表するようだ。

yhooads_screen.jpg

[原文へ]