Bloggerの新バージョン、ベータを脱する

次の記事

TechCrunchの読者は人格が薄っぺら

Bloggerの新バージョンは8月に一部ユーザーに対してベータ版が公開されていたが、このほど全ユーザーが利用できるようになった。

重要な変更はGoogleが「ラベル」と呼ぶタグが付加できるようになったことと、ブログをプライベートに設定できるオプションが加えられたこと だ。ユーザーはGoogleのアカウントを利用してBloggerのアカウントにログインできるようになり、またGoogleはテンプレートを大きく改良 した。記事の投稿手順も以前よりずっと簡単になっている。

とはいえ、この程度の改良ではBloggerが主要なライバルを押さえてトップに出るというわけにはいかない。たとえば、SixApartのComet サービス(注:今ではVoxと名を変更)ではブログ全体をプライベートに設定できるだけでなく、個々の記事に対しても公開範囲の設定が可能だ。とはいえ、一世代昔のソフトに何年も付き合わされてきたBloggerのユーザーにとっては希望が持てる改良ではある。

[原文へ]