StyleDiary
Shoutfit
ShareYourLook

女性。洋服。スタイル。うへっ。

次の記事

LicketyShipはKozmoと違う道をたどれるか?

インターネットにありがたくないトレンドが浮上している。いや、そのトレンド自身はビューティフルなのだが、そこに貢献する能力がからきしない私のようなものにとってはありがたくない、ということ。私にはファッションスタイルのセンスが欠けている。

映画「 プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)」では、主人公が最新ファッションに身を包み始めて同僚の人気者になるのだが、私ときては、主人公が最新ファッションを採用する前の方が魅力的に見えるという始末。しかし、多くの人々はこの意見に同意してくれないようだ。PopSugarGlamといったサイトの人気を考えると、このトレンドはインターネットでメジャーになりつつあるらしい。

スタートアップ3社が(主に)女性のファッションを扱う新種のソーシャルネットワークのテストを始めている。これらのネットワークでは、特に、ユー ザー自身のファッションが内容の主要な部分を占めている。すべてのサイトがメンバーに新しい洋服を着た写真を撮って投稿するよう呼びかけている。メンバー の間で新しいソーシャルネットワークが次々に生まれ、お互いにコメントしたり友だちになったりしている。

この分野でいちばん古いスタートアップはロサンゼルスのStyleDiaryで、 2005年5月にローンチした。CEOのPatricia Handschiegelと共同ファウンダーのWilliam Kapkeはファッション業界の長い経験があった。StyleDiaryには熱心なユーザーが多数おり、近々このサイトに新しいソーシャルネットワーク機 能を加える予定だとHandshiegelが私に語った。このサイトの唯一の問題は写真の質が悪いことで―ユーザーは鏡を使って、劣悪な照明で、カメラ付 き携帯で自分の写真を撮ることが多い。その結果はというと理想的というのは遠いものになっている。StyleDiaryでは投稿写真の画質を自動的に改良する方法を研究中とのこと。

ShareYourLookはこれより新しい参入者だ。興味ある特色は大部分StyleDiaryからコピーしている。それに投稿写真のランクづけやユーザープロフィールなどWeb 2.0的な特色ももたせている。その結果もっとユーザーフレンドリーなサイトに仕上がっているが、写真の画質が悪い点は同様だ。

最後に紹介するサイトは、まだローンチしていないが、Shoutfit.という。これは〔Paul Grahamが主催するVC〕Y Combinatorが支援するスタートアップで、わわれは他のY Combinatorファミリー企業と共に11月に紹介している。Shoutfitについてはまだ他にほとんど情報がないが、聞いたとろではStyleDiaryやShareYourLookと似たようなサービスになるらしい。

[原文へ]