Wikipedia
WikiaSari
Wikia

Wikipedia、独自の検索エンジンを準備中―独占スクリーンショット

次の記事

女性。洋服。スタイル。うへっ。

英国のThe Times紙は今日(米国時間12/23)早く、WikipediaのファウンダーJimmy Walesが来年、「Wikiasari」と呼ばれる新しい独自の検索エンジンサービスをローンチすべく準備中だと報じた

Jimmy Walesは明らかにGoogleを狙っている。Walesによれば―

Google検索は多くの場合に優秀だが、スパムやクズのような結果しかもたらさない場合も多い。例えば「Tampa hotels」と入力してみたまえ。〔広告以外〕何ひとつ意味のある検索結果は得られないはずだ。つきつめて考えると、検索エンジンの基本的な機能の一つ は評価を下すことだ―このページは良い、このページはダメ、と。周知のとおり、コンピュータはこのような判断を下すのが苦手だ。そこでいろいろともってま わったアルゴリズムが必要とされたわけだ。しかしわれわれはこの点について独自のすばらしい方法を考え出した。われわれ〔人間〕はページを見ただけで、普 通1秒もあれば、そのページが役に立つかどうか判断できる。問題は、これに関して信頼できるコミュニティーを築けるかどうかにかかっている。

新しい会社はWikia傘下の3番目のビジネス・デビジョンとなる。WikiaはWalesが2005年に創立した営利企業で、現在CEOのGil Penchinaに率いられている。他の2つのビジネスユニットはwikiサイトの「Wikia」自身と最近ローンチした「OpenServing」サービスだ。

Wikiaは$4M(400万ドル)以上の資本を調達しており、これには最近のAmazonからのラウンドも含まれる。

タイムズ紙のオリジナル記事にはこのプロジェクトにAmazonが関係しているとあったが、Wikiaは自身のサイトで(Wikiaの株主である以外には)Amazonは一切関係していないと 明言している

Wikiasari

ある情報源によると、プロジェクトの仮称は最近まで“WikiSearch”だったということだ。Wikiasariは明らかに、検索結果の品質を第1 として、検索の網羅性は2の次としていくようだ。検索結果にタグづけされたナビゲーションが表示される。最初の3つの検索結果はWikipediaの記事 から選ばれる。それ以外の結果も、Wikipediaのページからリンクが張られていることを評価の基準として、信頼できると評価されたサイトから選ばれ る。

すべての検索結果がWikipediaに結びつく―直接Wikipediaの記事にリンクするか、あるいはWikipediaからリンクされたペー ジにリンクするか―ので、Wikiasariの検索結果とその表示順位は、結局、〔Wikipediaの執筆者という〕実際の人間が判断することになる。 検索エンジン自体もオープンソースで開発され、検索インデックスはGFDL(*1)で利用可能となる。Wikiaはマスターインデックスを保有するが、他のユーザーもGFDLのライセンス条項に従って無料でこのインデックスを利用できる。

検索エンジン自体はNutchLucene のオープンソースプロジェクトとして開発されている。

われわれはWikipedia外の信頼できる筋からスクリーンショットを入手した。保証はできないが、開発中の問題のアプリケーションのホンモノのスクリーショットだとわれわれは信じている。クリックするとフルサイズの画像が見られる。

(*1) GNU Free Documentation License (wikipediaによる解説)

[原文へ]