デスクトップにあるものをTag2Findでタグ付け

次の記事

GoogleのOrkut、13時間以上にわたってダウン

タグ付けはもう、OS機能の一部に含まれていいだろう。情報整理では通常、フォルダー使うよりはるかに優れた方法で、ファイルを保存するフォルダーはひとつだがタグならファイルに何個でもタグ付けが可能だ。

私がGmailを好む理由の一つもそこにある。 フォルダーにメールを単に放り込むよりも、内容を説明するタグを複数メールに付けられる方が私には合っている。flickr、del.icio.us、gmailでタグの付いたアイテムを見つけ出すことは、例えばタグ付けに対応していないデスクトップ・メール・クライアントのMacメールでファイルを探すよりずっと簡単だ。適切にタグ付けしたアイテムは先々、ずっと検索しやすい。

Vistaは実は制限付きながらタグ付けに対応している。でも探すのは大変で、ファイルを右クリック、プロパティをクリック、詳細を開いてやっとタグ入力できる、という具合。Vistaの検索機能を使えばタグ検索でファイルも探せるが、このタグ付けはWindows XPそれにMacもまだサポートしていない。

そんな中、オーストリアのTag2Findが、デスクトップにあるファイルのタイプを問わずタグ付け可能にする気の利いたアプリを製作した。XP、Vistaのみ対応で.NETフレームワークに依存している。われわれのXPマシンを利用したテストでは、とても上手く機能した。

ここにデモがあるので詳細はそちら。アプリはスクリーンの下辺、システムトレイにある。それをクリックすると検索バーが表示されるので、そこでファイルのタグ付けや(すでに)タグ付けしたファイルの検索を行う(右の画像を参照)。タグ付けをするには、タグをタイプして、それから、ファイルをアイコンへとドラッグ。 ユーザーの入力内容に基づき、Tag2Findはその他のタグ提案もしてくれる。

タグつきファイル、タグクラウド、タグリスト、タグつきメディアファイルを再生する内蔵メディア・プレーヤーは、より大きなウィンドーに表示するビュー・オプションも使える(以下の画像を参照)。

ビジネスプランについての説明は無いものの、広告費でサポートする可能性はありそうだ。少なくともベータ期間中は無料で、今はプライベート・ベータの段階。アカウント申請はここでできる。

素晴らしいWindowsツールだし、もし、私がMacを利用していなければ必ず利用するだろう。

ところで、Microsoftはこの方向性も検討していたようだ。そのProject Teslaについての情報はこちらの動画で見てほしい。(IEでのみ動作)

[原文へ]