Daylife

Daylifeローンチ。長く険しい坂を登り始める

次の記事

BubbleShare買収成立~待ちに待った給料日

私がずいぶん以前に投資したNY拠点のニュースアグリゲートサイトDaylifeがついにローンチ。この会社のことは7月に初めて取り上げた。サービスにざっと目を通してみたが、あいにくなことにDaylifeのサービス内容にはがっかりだとレポートすることになった。

Daylifeサイトではウェブのニュース記事を集め、すぐれたデザインのページで公開している。テキストおよび リッチメディアコンテンツなどの関連づけはとても上手に実現している。トップページに表示されるニュースは人間のエディターが選んで決めるが、ニュース収集そのものは自動化されている。関連ニュースを見るためについ、サイトのあちこちをごく自然にクリックしてしまう人も多いのでは。 DayLifeでは、また、ユーザーが興味を持ったストーリーを保存できるブックマーク機能も備えている。

しかし、Daylifeはライバルが多く、各社が山ほどサービスリリースした後での市場参入となる。Gather.comInform.comNewsVine、Topixといった顔ぶれが競合サービスを提供しており、それに1年遅れをとったかたちだ。

Daylifeで目立つのは、「サービスとして上手くやっていること」ではなく、「サービス内容として見落としたもの」の方である。RSSフィードは無い。ユーザーがブックマークしたものについてさえ、だ。さらにひどいことに、記事にコメントを残すというNewsVineやTopixで大成功を収めた機能もない。そして、Diggのようにアルゴリズムによってニュースを選択する代わりに人手によってニュースを収集するという部分はDaylifeのビジネスコストが常により高くつくことを意味する。

Daylifeについての詳細は、ツアーをここで見てほしい。

[原文へ]