InsiderPages
DEADPOOL

Insider Pagesで大レイオフ

次の記事

YahooのVista版メッセンジャーをチェック

シリコンバレーの「Insider Pages」はここ数年で沢山あらわれたユーザーレビューサイトのひとつだが、最近、全スタッフの3分の2をレイオフしたと伝えられる。このニュースは、Insider Pagesの以前の従業員を面接した会社からもたらされた。Insider PagesはSequoia、Softbank、Idealabの出資を受けていたが、この混雑した分野で、ライバルのYelp (やその他)との競争について行けなくなったものとみられる。AlexaGoogle Trendsの両方のデータが、この分野である程度のユーザーを確保しているのはYelpだけだと示している。他のサービスも、Judy’s Book、Zipingo、Riffsを含め、同様の措置を取っているもよう。

私は昨日、インターネット関連企業のしだいに増える悪いニュースについて書いたばかりだ。この傾向は、おそらく今年加速するだろう。私はこれは全体的には業界のシステムの健全さを示すものと思っている。多少の悪いニュースはマーケット全体が正気であることを示すものだ。

Fred Wilsonはわれわれが悪いニュースを書いて喜んでいるとして、これは不健全だと言っている。私は彼は間違っていると思う。われわれはインターネットのスタートアップについて山も谷も記録していく。人々は他人の成功からだけでなく、失敗からも十分に学ぶことができる―成功から学べる以上ではないにしても―と私は思う。TechCrunch Forumに 「TechCrunch DeadPool は悪趣味か?」というスレッドを立てたので、皆さんのご意見を寄せていただきたい。

[原文へ]