Skype、鼻をあかされる

次の記事

Windows Home Server

Skypeは人付き合いがあまりよくないので有名だ。これは素晴らしいサービスだし、私も毎日使っている。しかし高い塀で厳重に隔離された「庭」だ。SkypeはGizmo(英語版記事) (日本語版記事)などが喜んで採用したオープンなSIPプロトコロを使用していない。SkypeのIMプラットフォームはMeeboその他のアグリゲータと相互運用性がない。これは孤立した島だ―ただし例外(非常に重要な)があって、〔通常の電話会社の〕POTSネットワークとだけはきわめてスムーズに通信ができる。つまりSkypeは普通の固定電話回線や携帯電話からの電話を受けたり、それられに対して発信したりできる。

今まで、本当の意味ではSkypeのインタフェースはハックされていなかった。つまりSkypeの正規のクライアントソフトウェアを超えたアクセスを提供可能とするようなソフトは開発されていなかった。しかし、今日(米国時間1/8)、Charlie PagleeはついにSkypeインタフェースのハックに成功したと発表した。彼らのチームは、独自の“Skype In”と“Skype Out”機能を実装したという。また同時にSkypeにTalQer VOIP機能を追加するボタンも提供される。Skypeの通話先を選択、ハイライトさせてからボタンをクリックすると、TalkQer Voip サービスを利用した通話ができる。

TalQerにはSkypeにない優れた機能が2、3ある。特に、受信用の無料の専用番号とボイスメールは役に立つ。とはいえ、この追加ソフトウェア、Skypeユーザーの多くがインストールしようとするだけの十分な魅力を有するか否かは不明だ。私の勘ではどうもそういうことにはならないような気がする。しかしSkype側では、うるさがってこのソフトをブロックしたり、訴訟の1つ2つも起こすかもしれない。

[原文へ]