Meebo

Meebo、$9MのシリーズBラウンドを発表

次の記事

Shycast: ユーザーとブランドのためのソーシャルネットワーク

Meeboは単一のウィンドウからユーザーが利用している全てのインスタント・メッセージ・アプリケーションを利用できるサービスだが、今朝(米国時間1/17)、Draper
Fisher Jurvetsonから$9M(900万ドル)のシリーズBラウンドの資金調達を行うことを発表した。同社は2005年12月に、Sequoiaから$3.5M(350万ドル)を調達している。今回の資金調達を機に、Tim DraperがMeeboの取締役会に加わる。

われわれの最初のMeeboについての記事は、2005年9月、同社がローンチした日に掲載された。以来、Meeboは著しい成長を遂げている。(その後の記事はここに:英語版記事 ・日本語版記事)。

MeeboのライバルにはeBuddyKoolIMその他がある。

[原文へ]