ニュース

広告自動生成サイト、The Ad Generator

次の記事

booBox、ブロガーの販売を助ける

The Ad Generator」はわかりやすくて見ていてちょっと楽しいサイトだ。これはビジネスでも何でもなくて、Alexis Llyodが“Parsons The New School for Design”(ニューヨークの有名なデザイン専門の大学・パーソンズ大学)の研究テーマの中で作ったもの。

「実在の企業スローガンのことばと意味構造」を取ってきて、ごちゃまぜにして新しいものを作り出す。さらに「関連のある画像をFlickrから取ってきて(Flickrのタグを使っていると思う)模擬広告を作り上げる。

Llyodのゴールは「広告に使われていることばが、本当の文化的価値と欲求を表わすうえできわめて有意義である一方、こうした概念が宣伝する商品とは何の関係もないという意味ではまるで無意味であることを知らせる」こと。

たしかにこれでほとんどの広告を総括できる。

実際の広告がアルゴリズムで作られるようになるのはいつだろうか。ここで作られた結果を見てると、今すぐにでもできそうな気にさせるものもいくつかある。

[原文へ]