ニュース
Farecast

Farecast、航空運賃の価格保証、本番運用開始

次の記事

Wize、4ヶ月目で$4Mをゲット

今夜(米国時間1/21)、シアトルのFarecast航空運賃の価格保証をベータから本番運用に切り替え、サービスを開始した。

Farecastは将来の航空運賃の価格を予測し(米国内路線に限る)、ユーザーがチケットをすぐに購入したほうがいいか、さらに待ったほうがいいか決める手助けをする。このサイトでは提示する価格を向こう1週間にわたってユーザーに保証するサービスをテストしてきた。10ドルの料金で、ユーザーはそのフライトに関して将来の値上がりから保護される。つまり実質的に、将来の運賃値上がりに対する保険を購入できるわけだ。

これがどのように作動するのかという詳細と、リスクをどのように分散するかについては、Farecastのblogを参照。われわれは最初に紹介したときからFarecastは有望だと見てきたが、ひとつ注意しておく必要があるのは、SouthWest航空などいくつかの価格競争を激しく行っている航空会社がFarecastのようなサービスがフライト情報にアクセスし、チケットを販売することを禁止している点だ。ユーザーは最安のチケットを手に入れるためには、Farecastなどのサービス運賃を探した後、SouthWestその他のディスカウント航空会社の運賃と比較してみるとよいだろう。

[原文へ]