Adobe、PDFを全世界に開放

次の記事

LinkedIn、さらに$13M近くを調達

I993年、AdobeはPDF(Portable Document Format)の規格をすべて公表し、この規格を用いたツールを開発してアプリケーションに組み込むサードパーティーに対して無料でライセンスした。これに助けられてAdobeのPDFはデファクト(事実上の)文書の標準として普及した。

明日(1/29)、AdobeはPDFに対する権利を放棄、AIIM(Enterprise Content Management Association)に管理を委ねることを発表する。これによってPDFをISO(国際標準化機構)による国際標準のひとつとするのが狙い。

この動きに至った理由の一つは、いろいろな国の政府がPDFのような特定の企業に属する文書フォーマットを採用することにためらいを見せてきたからだろう。国際標準化によって、AdobeとしてはPDF文書の製作、編集の主要なソフトウェアであるAcrobatがさらに売れるようになることを狙っている。

[原文へ]