PriceProtectr

通販の値下げで損しないように見張ってくれるサービス

次の記事

Farecast、さらに$12Mを調達

多くのオンライン通販サイトでは購入後一定期間(30日ないし60日)内に、その商品の価格が下がった場合、差額を返してくれると保証している(例:Best Buyの約款)。PriceProtectrはこの保証を利用しやすくするうまく出来たツールだ。こういった保証はけっこうなのだが、ユーザーは購入後いちいち価格が下がっていないかどうか確かめるような面倒な手間をかけないでいるのが普通だ。

PriceProtectrは、語尾の母音を落とした綴りから(*1)、(以前われわれが紹介した)web 2.0的ロゴ生成サービスをそのまま利用したロゴまで、ごく手軽に作られたサイトだ。サービスの使い方も簡単。単に通販サイトの購入商品のURL() をコピーして、ユーザーのメールアドレスと共にPriceProtectrに貼り付けるだけだ。通販業者が保証する期間内に商品の値下げがあった場合、ユーザーにその旨メールで通知が来る。

本日(米国時間1/30)現在、まだほとんど世間に知られていないにもかかわらず、すでに5万7千ドルの節約をもたらしたという。これは誰かがほとんど趣味で作ったに違いないサイトだが、役に立つツールではある。本当を言えば、こういう値下げの通知は通販業者自身が出すべきなのだ。PriceProtectrのようなサービスに人気が出れば、業者が実際にメールを出すようになるかもしれない。現在サポートされている通販サイトは、Amazon.com、Amazon.ca、Amazon.co.uk、Backcountry.com、BestBuy.com,、BestBuy.ca、Bike Nashbar、Circuit City、Cooking.com、Costco、Future Shop、Jenson USA、Office Max、Sears、6th Avenue Electronics、Staples.com、Staples.ca、Targetの各サービスだ。Thrillistの批評も参照。

(*1) 他にはFlickrSocializrGtalkrなどがある。

[原文へ]