ニュース
Digg

Diggのロックスターたち

次の記事

Second Life国勢調査

Wall Street Journalが“The Wizards of Buzz”という記事でDigg、Netscapeはじめ“ソーシャルブッキマーキング”系サイトのトップユーザーの持つパワー(影響力)を特集していた。

有力なユーザーから16人ほどハイライトを当て、実名とスクリーンネーム、興味範囲その他の情報も伝えている。この記事の主眼は思うに、こうした個人がどれだけ強いパワーを握っているか、PR活動などで報酬を受けることと各人がどう折り合いをつけているのか、それを読者に伝えることにあるだろう。

参考までに記事から少し引用してみよう。:

Diggユーザーは月間2千万人。Henry Wang(17歳)が、彼らが飛びつきそうなネタを探すのはテニスの練習が終わった後だ。Mr. Wangはオーロラにあるイリノイ数理アカデミーのシニア(最上級生)だが、Diggの仕事に費やす時間は1日3時間。大学の出願書類には、サイトの輝かしい実績(ランキングNo.2経験者)も盛り込んだ。

あとこちら。

Redditで最も大きな影響力を持つユーザーのひとりは12歳のAdam Fuhrer。…今年マイクロソフトがVistaをローンチした時には新OSのセキュリティフローと値段について書かれた記事を投稿し、ユーザー 500人以上からプラスの投票をとりつけた。…親はコンテンツに未成年用フィルターをかけ一部サイト(YouTube含む)が見れないようブロックしているが、それでもRedditランキング最上位の働きをこなしている。「息子のページは勤め先から見ているよ」と父Gerald Fuhrer氏。「同僚に息子の手柄を大げさに自慢して回ってるんだ」

Diggを普段から使っている人なら誰でも知っている話で特に新味はないが、全く知らない人がこの記事を読んだら、そのクレージーな生態の全体像が掴めなくてちょっと戸惑うかもしれないね。今は12歳が“ニュース”を決める助けをしている。面白い時代に生きているものだ。

[原文へ ]