Zune Phone、iPhoneより1ヶ月早く発売か?

次の記事

週間人気コンテンツ-ベスト 5 (2/3~2/9)

先週はCrunchGearのMatt HickeyがずっとZuneフォンの噂を追っていたが、情報筋からの垂れ込みで始まった話がいよいよ確かなニュースになってきた。

先週の月曜日(米国時間2/5)Microsoftが米国通信委員会(FCC) にネット経由で話せる得体の知れないワイヤレス端末の申請を出していたことが分かった。端末の説明には“消費者のブロードバンド接続およびネットワーキング”に使う、とある。さらに同端末では通話プロトコルとしてWiFiやブルートゥースではなくOFDMを採用するという。マルチキャリア方式の標準OFDM (orthogonal frequency-division multiplexing)は今後発売予定の4Gで広く採用されている変調方式で、米国ならOFDM標準対応の4Gネットワークを構築している Sprint/Nextelが将来は通信キャリアになる可能性が高い。

もっとも注目したいのはその発売時期。

5月、つまりiPhoneよりひと月早く発売になるらしいのだ。Mattの記事を読んでみよう。

これまでの情報を総合するとMSがモバイルWiMax対応のZune Phoneを発売する、という結論になる。ダウンロード速度は最大2Mbps。Zune Phoneを何に使うのかは分からないが、これだけ転送速度があれば前に聞いたXboxからZuneへのストリーミングにも十分対応できるし、どんなこともできそうだ。3月17日(米国時間)の聖パトリックの祭日までにはレッドモンド(MS本社)から正式に発表があって正式名も仕様もその時に明らかになるようだ、というのが一番のビッグニュース。あとこれは非常に興味のそそる話なんだけど、このZuneフォン、FCCからの承認も待たずに iPhoneより丸々1ヶ月早い「5月発売」になるそうだ。

[原文へ]