Zlangoのアップデート: BenchMarkとAccel、$12Mを投資

次の記事

Bolt、Universal Musicへの賠償金支払いのためGoFishに身売り

イスラエルのZlangoは、明日(米国時間1/12)、BenchMark CapitalとAccel Partners他からの$12M(1200万ドル)に上る資金調達を発表する予定。同社は2006年半ばにZlangoアイコンをベースにしたSMSサービスをローンチ、サービス地域を3カ国(イスラエル、ポーランド、カリブ海の某携帯電話キャリア)に拡大している。資金調達のプレスリリース自体がZlangoアイコン言語で書かれ(下図参照)、英訳が付記されている。(なかなかうまいタッチだ)。 

この会社は絵文字による全く新しい言語を創造した。ユーザーがこの言葉を学ぶと、アイコンを単語やフレーズの代わりに利用してメッセージが送れる。Zlangoサービスが提供されている場合、ユーザーはサイトから直接ダウンロードすることもできるし、携帯のキャリアを経由して利用することもできる。

Zlangoが面白い試みをしているのはプレスリリースだけに止まらない。Beatlesの「Drive My Car」の曲にZlangoメッセージを合わせた音楽ビデオも制作している。(上にエンベッドしておいた)。ユーザーは自分のZlangoメッセージをこのページで作って友達にメールしたり、ウェブサイト上に自由にエンベッドしたりできる。

私は去年初めてZlangoを見たときから新しい言語を創造するという試みが気に入った。同社によると、将来、ユーザーは個人で使うために新しいアイコンを作れるようになるという。ユーザーは自作のアイコンをZlangoに公開して、人気投票の結果が良ければ、公式アイコンに加えられるかもしれない。というわけで他の言語と同じく、Zlangoも実際に使われていくうちに発展していくことになるのだろう。

100あまりの携帯機種がZlangoをサポートしている。というわけで、これがそのプレスリリースだ。

 

[原文へ