BubblePly

BubblePly、楽しめる動画注釈機能をアップグレード

次の記事

アニメのAniboom、$4.5Mを調達

イスラエルに拠点を置く BubblePlyは、 動画に画像やテキストを書き込むサービスを大幅にアップグレード。12月にスタートして以来、現在ではライブリンクの挿入、フォントのフルカラーコントロール、高度な画像利用機能などを提供。以前にくらべてずっと便利なサービスになった。

ユーザーはウェブ上のほとんど全ての動画サイトからのURLで動画を指定し、作業することが可能。同サービスは動画そのものを加工するわけではなく、単に既存の動画に新たにデータのレイヤーを重ねるだけなので、著作権関連についての問題は実際的にみて無いものと見られる。

同社はユーザーが注釈を入れられるように、人気のバイラルビデオサイトからお気に入りをピックアップしている。もっとも、「注釈」というのは言葉としてこの場合硬すぎるかもしれない。最近のヒットビデオ「Spiders on Drugs」に自分のメモを書き込むのを楽しみたいという若い人たちはたくさんいるだろう。BubblePlyがリンクしているのはクリエイター以外によってebaumsworldに売却されたといわれるコピーだが。

同社ではバレンタインデー用にむけてユーザーに書き込みを楽しんでもらえるようスペシャルビデオを多数用意している。以下の2つの動画サンプルの2番目のものはその一例。もし、この中からの動画を僕の彼女に送ったら、えらい事態になるだろうが、今日(米国時間2/14)、全米30都市で上映される映画「FourEyedMonsters」にBubblePliedの動画で招待しておいたらとても喜ばれたのでは、と思う。

BubblePlyは若年層のソーシャルネットワークをターゲットにしているように思えるが、Googleで検索すると、slide.comがほとんど10万件の結果が表示されるのにくらべ、検索結果が無いに等しい。おそらく、今回のアップグレードで(サービスが)便利になったことで、新たなユーザーが見込めるだろう。

類似機能を、より古いやり方で実装したのではと思われるMojitiもチェックしてほしい。

BubblePlyで制作された以下のサンプル動画TechCrunch Web 2.0 InterviewsValentine Video Greatingの二つを見てほしい。昨年8月に動画がアップされて以降に、業績が思わしくない会社について自分の(好きなように)メモを追加することもできる。

[原文へ]