コラボレーション統合ツールVyewに有料版登場

次の記事

TechPresident、米大統領選候補者のMySpace、YouTube、AdSense利用を追う

Vyewはオンラインのビジュアル・ワークスペースとデスクトップの共有化を実現するコラボレーション統合セットの新製品。素晴らしいサービスだ。今日(米国時間2/14)ベータ版を終了し、従来の無料アカウントに加えプレミアムの有料アカウントも使えるようになった。

Vyewは、WebExに代表されるハイエンドのカンファレンス実現ツールに少し似ている。また、Thinkature など簡単に使えるコラボレーションツールにも近いし、注目企業であることは間違いないだろう。私個人でのテスト利用では他社より見違えるほど簡単というほどではなかったが。

無料アカウント利用者はワークスペースが2つ使えてアップロードは10点までできる。月額利用料10ドル、20ドルの有料版ではこの許容量がさらに広がる。

Vyewではユーザーによるデスクトップのクライアントダウンロードを必要としない。これは新規ユーザーが容易に素早く利用できるためのキーポイントと言えそう。

ワークスペースはFlashとJavaアプレット付きのデスクトップで共有される。テキストのチャットもあるし、Vyewは他ユーザーが無料電話会議通話を利用できるようクリック1つで個別ログインを生成することも可能。

このワークスペース専用ツールは標準より水準がかなり高い。アローは単一方向に向けてポイントできる。細かいことだが、アイテム右肩にテキストを入れてから左にアローをポイントすると2点を繋ぐこともできるので便利だ。これは簡単にできることではないし、この手のサービスにこんな小技をわざわざ追加する人もいないだろうけど…。下のスクリーンショットにあるYahoo Mapsのようなアルファのプラグインもたくさん揃っている。

気になるパフォーマンスだが、管理機能はよくできている。ユーザーが使えるオプションはすべて、使って楽しいものばかり。Safariで 使ったらデスクトップ共有をオンにした途端ワークスペースがおかしくなったが。デスクトップは初めての人にも使い易いけども、やはり練習しないと多少は難 しいだろう。

ともあれ一度試しにVyewを使ってみるといい。使いこなせるなら、この価格と機能は申し分ないので。


[
原文へ ]