Yahoo全従業員に送られたメール全文

次の記事

コラボレーション統合ツールVyewに有料版登場

このメールは、Yahoo CFO、Susan DeckerからYahooの全従業員宛に今日(米国時間2/14)9:01 AM PSTに送られたもので、新設の「Advertiser & Publisher Group(広告主・パブリッシャー部門)」での職務分担が詳細に書かれている。Yahooの役職者からSVPとEVPへの昇進が山ほどあり、他にもピーナツバターが塗りたくられている。

このメールを要約したいと思うのだが、大企業調がキツすぎて、3段落も書かないうちに集中が切れるか気を失いそうになる。

差出人: Sue Decker
日付:2007年2月14日(水) 9:01 am
題名:APGの組識変更について

Yahooのみなさん、

昨年12月、Yahoo!は「Advertiser & Publisher Group (APG)」(広告主およびパブリッシャー部門)を新設することを発表しましたが、本日この組織について、またAPGを率いる有能なチームの詳細について伝えられることを嬉しく思います。

APGの使命は、広告主をターゲットとなる消費者やインターネットに広がるビジネスと繋ぎ、どこよりも高い価値を、どこよりも多くの広告主やパブリッシャーに与えることです。Yahoo!の市場機会に投下し、長期戦略的成長を推進するのに最適の強みが私にはあると信じています。この組織の主たる目標は、顧客中心、アカウンタビリティーの強化、適格な判断を推進することにあります。この目的に向け、APGは3つの重要な機能から成っています

  1. 需要チャネル:広告顧客へのマーケティングソリューション提供
  2. 供給チャネル:パブリッシャー顧客の戦略的選択と支援
  3. 製品マーケティング:需要チャネルから来るあらゆる広告のオファーを、供給チャネルの最高の広告商品とマッチングさせる

マーケティングソリューション(需要チャネル)。Yahoo!の組織目標である顧客中心と一致させるべく、需要チャネルを2つの主要広告主グループを中心に組織しました。1つが営業経由でやりとりする広告主(直販チャネル)、もう1つは主にオンラインのセルフサービスでやりとりする広告主(オンラインチャネル)です。

直販チャネルはグローバル営業 EVPのGreg Colemanが担当し、引き続き大型顧客に対して最適のマーケティングソリューションを提供し、業界トップのインターネット直販営業組織を運営していきます。Wenda Harris MillardとDavid Karnstedtが、今後もGregの元でYahooの直販営業を指揮します。Gregのチームは海外営業の推進も引き続き担当し、国内の営業体制と歩調を合わせます。販売活動チームも大部分がGregの組織に残り、イールドマネージメントと在庫量最適化は、後ほど説明する新しいグループに移動します。

オンラインチャネルを率いる、Rich Rileyはオンラインチャネルおよびスモールビジネスサービス担当SVPに昇進しました。Richはこのチームで、Yahoo!とは主としてセルフサービスのオンラインモデルでつきあうビジネスに対して、マーケティングソリューションやパブリッシャーサービス、マーチャントソリューションいずれについても高い価値を提供していきます。

Yahoo! パブリッシャーネットワーク(供給チャネル)。当社のパブリッシャー顧客は広告ネットワークの生態系の中心であり、この重要な顧客セグメントの収益機会の強化、推進には全力を尽します。Hilary SchneiderにはYahoo! Publisher Network(YPN)の指揮を頼みました。David Karnstedtは、このグループの他に、検索直販の統括と、グループ全体の連繋と戦略が広告顧客の目標とより一層一致するように努めてくれます。このチームは、Yahoo!外のパブリッシャーサイトの広告資源を確保することによって、当社が検索・表示・リスティングをベースとした広告ネットワークのリーダーになるというグローバル戦略の開発と実行に注力します。このYahoo!外の広告資源は、Yahoo!のネットワーク資源を補完し、当社の需用チャネルが広告顧客に対して多岐にわたるマーケティング商品だけでなく、強固で高品質な視聴者を提供することを可能にします。Rich Rileyは、オンラインチャネルの職務の一環として顧客獲得と小規模パブリッシャー保持の戦略の推進に関してHilaryを支援します。

マーケティング製品部門(MPD)。マーケティング製品部門は上に挙げた2つの顧客中心の機能を繋ぐマジックのようなものです。マーケティング製品と広告マーケットプレースを開発し、広告顧客の最大の効化を提供し、パプリッシャー顧客に最高の収益を持たらすことがこの部門の責務です。MPDは、需要チャネルで作られたマーケティングのオファーと、Yahoo!ネットワークとYPNとをすばやく、最適に結びつけることによってこれを実現します。この部門の長は人選中です。MPDは以下の部署から成ります。

検索およびリスティング市場:Tim Cadoganは検索およびリスティング市場のSVPに昇進し、ビジネスおよび製品戦略、市場設計およびマッチング、ビジネス運用、スポンサー付検索、ドメイン指定やリスティング製品のsubmit familyなどのマーケティング製品のポリシーを担当します。

ディスプレイ市場:Todd Teresiはディスプレイ市場担当SVPに昇進し、ビジネスおよび製品戦略、市場デザインおよびマッチング、ビジネス運用、およびディスプレイとコンツンツマッチをはじめとするマーケティング製品のポリシーを担当します。MPDの使命は広告オファーと媒体資源を最適に繋ぐことにあるので、イールドマネージメントと資源の最適化業務は営業チームからこのチームに移しました。

重要課題を推進するための製品管理の集中化を進めるうえで、2つの重要な組織が、この2つの広告マーケティングチームを支援します。

製品管理:Mark MorrisseyがAPG製品管理担当SVPに昇進し、スポンサー付検索、ドメイン一致、コンツンツ一致、ディスプレー広告、広告主アプリケーション、パブリッシャーアプリケーション、モバイル広告など、広告主製品とパブリッシャー製品すべての製品要件と優先順位決定に関するグローバルな責任者となります。これまで当社の製品の大半が個別に管理されてきました。検索 vs ディスプレイ vs リスティング、広告主アプリケーション vs パブリッシャーアプリケーション、スモールビジネス vs YPNOなどです。私たちの製品で顧客にもっとスムーズな体験をしてもらい、広告製品の幅の広さを活かして最高のもてなしをするという方針に合わせ、より一層集中化された製品管理構造に向け、ディスプレー広告、コンツンツ一致、パブリッシャーアプリケーションをMarkの職務に含めました。

エンジニアリング:エンジニアリング担当EVPのQi Luは、APGのあらゆるエンジニアリング活動を指揮し、製品管理担当のMark Morrisseyと協力して、最先端技術の開発と出荷を確実なものにします。Qiは、引き続きZodの直属で、APGを兼任します。Dev Patelは新たにSDS-APGソリューションチームを率い、引続きAPGへのソリューションプロバイダーという重要な役割をエンジニアリンク、製品管理両部門と協力します。

Steve MitgangとLisa Moritaは当社を去り、新しい道を選びました。Steveの現製品管理チームと現マーケティングチームおよひLisaの現カスタマー・コンテンツソリューションチームは、APG組織の重要なグループの一部となります。Steveの退社に伴い、(従来Steve配下だった)製品管理はすべてMark Morrisseyの直属になります。Steveの下にあった製品マーケティングは製品戦略部門と共に再編成されTimおよびToddにそれぞれの製品分野毎に属し、チャネルマーケティングは、需要または供給チャネルの所属になります。Lisaの退社に伴い、カスタマーソリューションはRich Riley配下になり、Tim Cadoganがコンテンツおよび製品ポリシーと品質管理と分析、コンテンツソリューション、および国際CCSを一時的に担当します。SteveとLisaは当社にとって偉大な財産であり、ふたりの将来の活躍を心から祈ります。

需要と供給チャネルとマーケティング製品部門の他、APGには地域市場・コマース部門および戦略マーケティング・主要計画部門が加わります。

地域市場・コマース部門(LMC、旧マーケットプレース)。Hilary SchneiderがLMCおよびパブリッシャーネットワーク担当EVPに昇進しました。Hilaryは引き続きマーケットプレース事業(ショッピング、旅行、自動車、不動産、地域、求職、出会い)を担当し、組織名が地域市場・コマースに変更されます。また、上記のとおりパブリッシャー戦略も担当します。Hilaryはデジタル、印刷両方でKnight RidderやRed Herringをはじめとする大規模なパブリッシャーの管理と運用に豊富な経験があり、YPNとLMCの両組織をリードし成長させる能力があると確信しています。

次に、戦略マーケティングおよび主要計画の責任者の採用を考えています。この職務は、さまざまな部門と密に協力して、APGの顧客と市場セグメントの理解、競合調査、およびマーケティングとコミュニケーション戦略をまとめます。さらに、少人数からなるAPGインキュベーションチームを世話してアイディアの創成や、新しいセグメントに特化した提案の計画を立案します。

主要な支援機関

この新しく活力あふれる組織を管理するうえで、私の能力を伸ばす支援機関として働いてくれる重要な役割とチームを紹介します。Jeff McCombsが、APGスタッフのチーフに昇進しました。Jeffと私は2年近くにわたり、Yahoo!のさまざまなプロジェクトで一緒に仕事をしてきました。最も新しいものとしては、Yahoo!最初のグラフィック広告ネットワークビジネスへの進出となったeBayとの契約の財務リーダーの責務を果し、新APG組織と優先順位の多くにすでに精通しています。

次に新しくYahoo!に来ることになったMark Rubashを紹介します。MarkはAPGのOperations Finance担当SVPとしてYahoo!の財務チームに加わります。新たなCFOを探す間、Markは私の直属となり、Rachel Glaserと共に、新組織のあらゆる業務グループをカバーします。(別メールを参照)。David WindleyはAPGの人事を統括します。Davidは入社前はMicrosoftで人事担当役員としてCOOをサポートしていました。Mary GrantはAPGをサポートする人材豊富な法務部門を率いることになり、MaryのYSM在職中の経験はこのグループにとって貴重なものとなるでしょう。

これほどの大規模な改革であれば当然のことですが、私たちは新組織を時間をかけて形作っていくつもりです。たとえば、米国内でYahooのサービスを国際的に提供していくための支援を行っているグループを含め、世界的にサービスを提供する組織のあり方については現在さらに検討中です。また、責任を明確化し、意思決定を効率化するため、UEDチームはマーケティング製品部門の担当役員の指揮下に移されます。このグループの長が任命されるまで、同チームは従来どおり、Larry Teslerが指揮します。

Yahooのすべての顧客のために最大のスピードと最大のスケールで最善のソリューションを達成する最良の方法を見出すことに集中しつつ、前進しましょう。このメールに示された組織改革を円滑に実現するために、経営陣は向こう数週間のうちにさまざまな支援策を打ち出す予定です。

今日、午後2時のAPG全員集会に参加するよう準備をお願いします。バーバンク地区の全社員はBurbank Marriottに自身で出向いてくたさい。その他の地区の従業員は、Backyardのトップページからライブのウェブキャストが視聴できます。この集会で答えをもらいたい質問がある場合は、事前にquestion@yahoo-inc.com宛にメールしてください。

私たちのAPG構築の目的はただ一つ、他のあらゆる会社にまさって、広告主とパブリッシャーの双方に高い付加価値を提供できるようにすることです。成果を築く基礎となるYahoo!の資産には信じがたいほどの価値があり、APGのリーダーとチームメンバーは文句なく優秀です。私は眼前に広がるこのすばらしい機会を与えられたことに非常に興奮しています。さあ、いよいよプレイボールです。2007年に、そしてそれ以降、われわれは協力して大きな成果を上げられことを楽しみしています。

Sue

[原文ヘ]