Adobe Photoshop、オンライン版

次の記事

【独占】Spotplexは新たなDiggなのか

ニッチマーケットを狙ってスタートアップを立ち上げる際には、いつなんどき大手企業が参入してきて踏み潰されてしまうか分からない、というリスクがつきまとう。Adobeが広告を掲載する無料のPhotoshopのオンライン版を向こう6ヶ月のうちに リリースするとアナウンスしたので、 こういったスタートアップは深刻なトラブルに見舞われそうだ。

この発表は、ウェブデベロパーがAdobeのFlexプラットフォーム、特にそのビデオ編集と共有分野への適用に大きな関心を寄せているさなかに行われた。スタートアップとしてはAdobeが写真の編集だけでなくビデオ編集等の分野にも進出する計画があるのかどうか見極める必要があると思う。もしそうであれば、これらのスタートアップとしては、さんざん手間と資金をつぎ込んで各種サービスへ応用するテストを重ねた挙げ句、 Adobeが飛び込んできて手を汚さずにおいしいところだけ持っていってしまう、という結果になりかねない。

Adobeはプラットフォーム企業であると同時にアプリケーション企業でもある。利害の衝突が起きることは不可避だ。

[原文へ]