ニュース
Google / グーグル(企業)

GoogleTalkガジェットをパーソナライズド・ページに

次の記事

敵を潰す新手法「動画で謝罪を求める」

google talkGoogleはさきほど(米国時間3/14)、チャットサービスの「Google Talk」と、パーソナライズホームページと「Google IG」を統合すると発表した。新しいFlashベースのウィジェットをGoolgeのパーソナルホームページに置くとチャットウィンドウと相手先リストが使えるようになる。このウィジェット自分のページに追加するにはこちらへ。

Comscoreの全世界での数字をみるとGoogle IGのユーザー数はYahooの競合サービスと比べてまだ1/7にすぎない。ただし、自社のウィジェットプラットホームと統合している点で、パーソナルページの巨人Yahooがウィジェットプラットホーム「konfabulator」をまだ統合できていないのに対して一歩先んじている。Yahooのウィジェットは部外者には扱いにくいとも言われている。Netvibesのウィジェット統一APIの最初の版からは外れる予定だ。

このウィジェットはGmail版の単なる焼き直しではなく、独自のちょっといい新機能がついている。Gmail版ではメッセージウィンドウがポップアップだったのに対して、このウィジェットでは会話がタブで表示される。さらに、PicassaやYouTubeへのリンクを高度に解析して、コンテンツを会話の中に埋め込んで表示してくれる。

Googleが作った新機能概要説明のビデオはこちら。

[原文へ]