Zoho
toondoo

Zohoからもう少し軽いノリのサービス登場

次の記事

ステルス・スタートアップ、Vutoolの噂


事前に用意されたあるいはアップロードした画像やテキストを利用して、ユーザーがマンガを簡単に制作できるサイト「ToonDoo」が今朝(米国時間3/28)スタート。同社は、本格的なオンライン・オフィス・アプリケーションを手がけるスタートアップ企業Zoho(われわれの現スポンサー)と同じくAdventNet傘下の企業(Zohoについての過去記事はこちら日本語版記事はこちら)。

制作ツールはFlashアプリで、キャラクター、小道具、背景それに吹き出しに至るまで多数のオプションを備えている。また、ユーザーは自作の画像をアップロードして、マンガに利用することもできる。

制作された漫画はすぐに、タイトル、タグ、それに説明を加えてToonDooプラットフォームで公開することも可能。ユーザーからのコメント、ランキングによって良く出来た作品がフロントページに表示される仕組み。サービスはローンチしたばかりなので、コンテンツはそれほど多くはないが一番人気のあるマンガはここ。私が個人的に気に入っているのはこれ。ToonDooは無料で利用できる。

他の既存サービス二つ、ComeekoStripgeneratorもチェックしてみてほしい。

[原文へ]