PhotoBucket(企業・サービス)

Photobucketの価値はおいくら?

次の記事

MOG、混乱の中に多少の秩序

シリコンバレーとコロラド拠点の写真・ビデオ共有サイト「Photobucket」の登録ユーザー数は3600万を数え、さらに1日8万5000人のペースで増えている。このまま続けば今年末には6000万ユーザーになる。月間のビジター数はFacebookよりも1700万人も多い。ユーザーの56%は35才以下で、52%が女性。ウェブサイト30万箇所からPhotobucketへとリンクが貼られている。流れるデータ量は膨大だ。

昨日(米国時間3/28) Fortune誌がこの会社について長い記事を書いた。ここまで大きくなってからのスタートアップをメジャーなプレスが取り上げたのは初めてのこと。

Photobucketの収入源はプレミアムアカウントとサイト上の広告。噂によると収支はトントンらしく、ベンチャーキャピタルから調達した$15M(1500万ドル)は大して使っていないという($8M[800万ドル]くらいはまだ銀行にあるらしい)。

早い話が、Photobucketはうまくいっているということ。そこで問題は「価値はいくらか」だ。

同社が売却を検討するために依頼した投資銀行のLehman Brothersが、見込み客に個人的に話したころでは、$300~$400M(3~4億ドル)くらいだろうとのこと。

買い主向けに配布された文書には、会社の年毎の収益が書かれている。Photobucketの収入は2005年の$4.35M(435万ドル)から2006年の$9.34M(934万ドル)へと伸び、今年は$32M(3200万ドル)を突破する勢いだ。昨年の広告収入は、総収益の66%を占めた。今年は、79%になると予測している。全収益の概要を以下に貼り付けたので見てほしい。

Photobucketがこの記事にコメントすることはないと思うが、私たちのソースによると、この価格での買収にかなり興味を持っているところが何社かあるという。収益の伸びと、同分野での別の買収契約のことも考えると、安い買い物かもしれない。

Photobucketはまもなくトップページのデザインを刷新するようだ。画面イメージはこれ。

[原文へ]