SellABandの音楽ビジネスモデル、人気上昇中

次の記事

ネットの大型連続ドラマ「Prom Queen」が来週放映開始

昨年8月、Marshall Kirkpatrickが ドイツのスタートアップSellABandがローンチした際に紹介記事を書いている。

Amie Street同様、SellABandは自分たちの音楽を聴いてもらおうと苦闘するアーティストを助ける革新的な手段を提供し、収益も上げようというサービスだ。アーティストはサイトに登録してから楽曲をアップロードする。ユーザーは聴いてみて気に入ったら、10ドル寄付する。あるバンドが総額5万ドルを集めたら、SellABandはレコーディングスタジオとプロのプロデューサーを提供してアルバム制作を助ける。

理論的にはなかなかいいが、われわれが最初の記事を載せた時点ではあまり具体的なデータがなかった。ローンチ後最初の2週間ほどで130組のバンドが登録、数組が何百ドルかを集めているに過ぎなかった。

それから数ヶ月たったが、これはびっくり。世界中から2700のバンドが登録しており、4組がすでに5万ドルのゴールを達成してアルバムを出している(NemeseaCubworldSecond PersonClemence)。さらに後に続くバンドが控えている。MandyleighはTechCrunchの読者で、トップリスト の第4位にランクインしている。彼女がスタジオレコーディングできる日も近い。

10ドルを寄付したリスナーはアルバムが制作されれば無料でCDを1枚貰える。制作できなかった場合は返金される。アーティストはプロフィールページから上がる広告収入の1/3と、アルバムセールス(が実現した場合)の60%の分配を受ける。またアルバム発売後1年経つとすべての権利がアーティストに返還される。

[原文へ]