fandango

Comcast、映画サイトのFandangoを買収へ

次の記事

Skype For Mac 2.6にはMacオンリーの機能が

「Comcast」は今日(米国時間4/11)、映画サイトの「Fandango」を買収することを発表した。金額は明らかにされていないが、鋭意調査中だ。

Fandangoは映画チケットのオンライン販売とサイト広告で収益を上げている。Comscoreの2月の集計によると、380万ユニークビジター、3900ページビューを記録している(リンク先の記事の末尾のグラフに他の映画サイトとの比較があるので見てほしい)。Fandangoでは、映画館1300館、1万5000スクリーン分のチケットを販売している。

同社はまた、この夏にFancastと呼ばれる新サービスをローンチすることも発表した。このサービスはオンラインTVガイドやYouTube、Joost、その他のIPTVのスタートアップと競合するものらしい。

今年夏にローンチ予定のFancastは、テレビや映画のコンテンツを探せる全国規模のエンターテイメントサイトであるとともに、さまざまなデバイス上での視聴体験をリードするものです。消費者はFancastに来れば好きなTVショウや映画、俳優、女優を検索できるし、サイトにあるビデオを見るだけでもいいでしょう。Fancastは消費者に、好きなショウや映画がいつ上演されていて、テレビやビデオオンデマンドやネット、その他のデバイスなど、どこで見ることができるかを見つけることができる場を提供します。

Fandangoは2000年に米国の主要映画上映会社7社によって設立された。出資者には、Accretive Technology PartnersとTechnology Crossover Venturesらが名を連ねている。

[原文へ]