rivals

Shannon Terry激怒。TechCrunchを相手に訴訟も辞さない構え

次の記事

RivalsのCEO、過去に証券詐欺に連座― Yahooの買収も危うくなる?

Shannon TerryとRivals.comについての記事に関連して、以下のような知らせをメールで受取った。現段階ではまだ所感を発表するつもりはない。われわれの弁護士たちが対応について検討しており、今のところは、私からは意見を述べないように、とアドバイスしているからだ。

もっとも、「Rivalsは私のお気に入りのスポーツサイトでは、もはや無い」ということだけは言っておこう。

アップデート (11:42 pm PST 4/13/08): 私はまだ下に掲げた書簡について直接回答する準備ができていない。しかしながらShannon Terryに対して、直接以下のとおり呼びかけをしたい。すなわち以下のとおり申し出る。私の当初の記事中で述べられた事実ないし意見に関してTerry 氏は書簡で反論することができる。私はこの書簡を一切編集せず、パブリシティー上当初の記事と完全に同等の扱いでTechCrunchに掲載する。実際、私はその書簡をこのブログのトップページの最上部に24時間掲載する。掲載日時は希望に任せる。書簡は独自のURLを付与されて永久に TechCrunchに保存される。書簡の長さにまったく制限はなく、言い分を補強するようないかなる文書へのリンクを張るのも自由である。



[原文へ]